なぜ、カーネクストの良くない評判が出るのか?

中古車および廃車買い取りサービスを行う企業にカーネクストがありますが、

とくに廃車買取に力を入れており、インターネットや他のメディアで

廃車買取りにおいて高額査定が期待できるという文言で紹介されています。



「事故車や不動車、どんな車でも高価買取」を全国どこでも出張対応、

出張査定無料という言葉に期待する人も多いでしょう。

カーネクストの評判を見てみると好評もあれば悪評もあり、

査定後のトラブルが問題となっているようです。



カーネクストは廃車、不動車の買取に強みを持つ企業で、

それ以外の車でも走行距離が著しく多い車両や、

エンジンやボディの程度が著しく悪い車を高く買い取ることで有名です。



現在の買取市場に問題がある



ではなぜ、良くない評判が出るのかと言えば、

現在の買取市場に問題があるのかもしれません。

現在、中古車買取市場は様々な業者が参入し、巨大化しています。



車の買い換えを検討する人の場合、以前であれば

新しく購入する車の販売店に下取りに出すことが多かったのですが、

現在は買取専門店という新しいスタイルのビジネスが出てくると、

中古車流通が大きく変化してきました。



買取専門店と言いながら、実際には売却による利益が最大の目的であり、

買取りは彼らにとって仕入れになるのです。

考えてみれば、買取りには査定員等の人件費、

システム管理、買取り費用(仕入れコスト)がかかります。



買取りばかりしていればコスト増となってしまいます。

買取った車を転売すれば利ざやが稼げるためビジネスとして成立ます。

市場に参加する買取業者は売却での利益を期待し、

買取りに力を入れて査定に望みます。



買取業者が次々に市場に参加することで、買取価格が上昇し、

消費者心理が少しでも高く買取ってもらい、

次の購入費用に充てるということが増えています。



中古車の買取市場に市場原理が働き、すでに消費者側にペースが握られているのです。

消費者は中古車買取一括査定を試み、一番高値を付けた業者に売却します。



また、これらの業者から概算見積価格が出された後でも、

交渉を続けることで最初の見積価格から上昇することもあり、

見積もりに参加した業者を個別にアプローチして買取価格を競わせることで値を吊り上げるのです。



「どんな車でも高価買取」というキャッチフレーズが消費者に解釈されてしまう

廃車や不動車の買取もある意味同様で、カーネクスト以外にも

一般には買取が出来ない状態の車を買取り、転売に回すという流通が行われています。

中古車は一般的に相場で価格が動きます。



車種や年式に走行距離を元に価格が決まりますが、

市場で求められる需要も大きく価格に影響します。

例えば、市場に出回る流通量の多い車であれば、部品に価値がありますので、

不動車であっても解体後にリビルド部品として高い価値が出ることがあります。



カーネクストが査定した後にそれを上回る査定額を出す業者があっても

不思議ではありません。 一番注意してもらいたいのは、

第一回目の見積もりで他社よりも高額査定が出た場合に、その場で契約を進め、

その後に他社の買取額が高くなることで、キャンセルするとキャンセル料が掛かるという点です。



買取契約を進めると、引き取りの手配や、その後に流通する業者への様々な段取りが進みます。

契約内容にもキャンセル料の負担は記載されていますので、

納得の上での契約となるのですが、高価買取を謳っていることで

さらなる交渉を試みる消費者との間でトラブルとなりキャンセル料の問題に発展するのです。



このような買取の仕組みがある中で、「どんな車でも高価買取」という

キャッチフレーズが誇大広告というニュアンスで消費者に解釈されてしまうのです。



近年では、買取と購入を同時に行う業者の場合、

買取額を高めるということがありますが、購入する車に大きな利益が乗せてあることで

高価買取となっている現実を消費者が理解していないのでしょう。