カーネクストの評判が悪いのは本当なの?

カーネクストは中古車を中心に買い取ってくれる業者です。

悪い評判があるといわれていますが、その実態はどう知ってかおきたいところです。

カーネクストは、中古車の中でも、きれいな中古車ではなく事故車や水没車などを中心に買い取ってくれるため、

メリットが大きいといえます。



そもそも、通常であれば事故車や水没車を買い取ってくれることはありますが、

お金がかかってしまう可能性が高いです。事故車や水防車は、そのまま直して販売する場合もありますが、

フレームがゆがんでいる場合などは売却せずにそのまま廃車にする可能性が高くなります。

人気の車であれば直しますが、それほど人気がない古い車やわりと新しい車でも程度がひどい車は廃車になることが多くなります。



廃車にするときには廃車手数料がかかるのがポイントです。



配車手数料はおよそ6万円くらいかかってしまいますので、車を手放しただけでなく、

逆にお金も払わなければならないなど、まさしく泣きっ面にハチの状態です。

もちろん事故を起こしたり水没させないようにする教訓ができあがったとも言えます。



カーネクストは手数料を取らず買い取ってくれるのが特徴

このような車に対して、カーネクストは手数料を取らず買い取ってくれるのが特徴です。

そのため評判がいいです。それ以外にも、ボロボロの状態でも買い取ってくれるため、

割と幅広い自動車を買い取ってくれることがわかるでしょう。



低年式や過走行車でも売却することができます。当然手数料はかかりません。

普通自動車も人気ですがその中でも商用車やディーゼル車は積極的に買い取りをしています。

カーネクストが商用車やディーゼル車のルートを持っているからでしょう。



日本の一部分だけで取引きできるわけではなく、全国的に展開しているため、

離島などを除けば大抵のところで取引きをすることが可能です。車を廃車にするときは書類を作らなければなりません。



ですが、カーネクストは、面倒な廃車手続きもすべて代行してくれます。

そのため、わざわざ面倒臭い書類を準備して記入する必要はないため、時間の短縮をすることができるでしょう。

インターネットで仮の査定をすることも可能です。



勘違いして解釈している人は悪い評判を書き込むこともある

このように考えると、悪い噂や評判は起こりえないように感じますが、

勘違いして解釈している人は悪い評判を書き込むこともあります。

その一つが、査定です。基本的にインターネットだけで査定をすることは可能です。

必要な情報を入力するだけで、簡単に査定ができるのが魅力です。

ですがあくまでそれは仮査定になります。現物の自動車を見てみないことには正確な金額を出すことはできません。



そのため、売買する場合はインターネットだけではなく、自宅に査定員が来て、

あるいは会社に査定員が来てどれぐらいの金額かを見ていきます。



この時仮査定の金額よりも下がることもあり得ます。売り主としては、できるだけ良い状態であることをアピールするため、

少し誇張した表現を使うことがあるからです。この場合価格が下がったと考え、

クレーマー体質の人は悪いうわさを流しますが、それは、カーネクストの評判とは関係ないです。