カーネクストに頼んだ場合のデメリットは何か検証

車を廃車してもらうというのに、廃車手数料を支払うことなく、むしろ廃車するその車を買い取ってもらえるという画期的なサービスを展開している「カーネクスト」ですが

 

カーネクストに頼むと何か(隠れた?)デメリットなどが生じることがあるのでしょうか?

 

あまり良いことばかり言われると、かえって(何か裏でもあるのかと)疑ってしまうというのは、良いのか悪いのか・・・そこは何とも言えませんが、しかしながらカーネクストに頼んだら、実は悪徳だったという悲劇は避けたいところです。

 

そこで廃車買取で生じるデメリットについて紹介した後、カーネクストはその辺どうなのか?というのを検証していきます。

廃車買取で生じる「料金的な」デメリットとは?

廃車で発生する料金には何がある?

一般的に、車を廃車にするためには費用が掛かります。それは、以下のような内容です。

 

  • レッカー移動費
  • 解体費用
  • リサイクル料金
  • 登録抹消費用

 

まず、車が完全に故障して動かない場合に掛かるのがレッカー移動費(陸送費)です。これは、車が動く場合など自分で持ち込みを行うことで節減できる部分でもあります。

 

また、解体費用は業者によって大きく金額が異なる部分であり、0円の業者もあれば3万円近くかかるケースも存在しています。

 

次のリサイクル料は自動車に使用されているプラスチックパーツや、冷房に用いられているフロンガス類を処理するための料金です。ただし、このリサイクル料は平成17年以降に新車として登録された車を廃車にする際は必要ない料金となっています。

 

依頼する業者により幅はありますが、廃車にするために必要となる総額は0~8万円ほどが相場となります。

廃車にする方法で料金は変わってくる

方法1:自分で廃車にする

自分で廃車にする手続きを行う場合、手続きが永久抹消登録か一時抹消登録かでも変わってきますが

 

大きく、解体費用、自動車リサイクル料、引き取り代で0円から最大8万円ほど掛かります。

 

費用を抑えるには、解体費用と引き取り代をいかに安くするかが重要であり、そのためには自分で車を持ち込んだり、スクラップにする車を買い取って貰うことで費用を節約できます。



方法2:ディーラーに廃車を頼む

新車の販売を行っている各メーカーのディーラーでも、廃車の手続きは代行してくれます。

 

ただし、ディーラーは新車の販売を行うことが第一目標であるため、ディーラーでの基本的な諸費用は自分で廃車の手続きを行った場合と変わらないことがほとんどです。

方法3:カーネクストに廃車を頼む

全国的に廃車の買取りサービスを展開しているカーネクストでは、廃車に関する手続きは全て無料で行ってくれます。しかも、廃車となる車を買い取ってくれるので

 

「お金を出して廃車するのではなく、逆にお金を貰って車を廃車にできる」

 

というのが大きな特徴です。

 

陸送も、場所や距離に関わらず無料で引き取ってくれるので、安心して廃車の買取りを任せることができます。

廃車するのに料金的デメリットのない方法は?

料金的にデメリットが圧倒的に少ない(もはやないと言っても良い)のは、やはり「カーネクストで廃車」ということになりますね。

 

廃車にかかわる手続き等は全て無料で代行してくれますし、陸送のためのレッカー代も無料です。

 

また廃車する時は、自動車税の還付金を受け取ることもできますが、そうした手続きさえも無料代行してもらえます。

 

しかも廃車を買い取って貰うことで、手出しが必要になるどころか現金を受け取ることができます。

 

廃車を検討しているなら、他の業者とも比較するとしても、査定価格の基準を知る意味で、カーネクストでの無料査定は一度はやっておくのはオススメ(損はしない)ですね。

廃車買取で生じる「サービス的」デメリットとは?

廃車の買取を業者に頼む場合、買取業者によっては、こういうことがデメリットとなり得るという所を紹介します。

事前にデメリットになり得る点を知っていれば、逆にそういうデメリットのない業者を選ぶことで、悪徳業者を避けることができます。

店舗が近所にない

廃車の買取り依頼する時に「店舗が近所にない」というのがデメリットとなる場合があります。

 

やはり店舗も持ってない会社となると、ちゃんとした業者なのか?素性が分からないので不安になりますね。また廃車する車を自分で直接店舗へ持ち込めないので、引き取り料など高く請求されそう?という心配も出てきます。

 

とはいえ実際、店舗自体を持っていない業者でも良い業者はたくさんあります。店舗を持たないことで、コストを下げて査定額を上げることができるからなんですね。ですので、店舗がないことをデメリット取るかは判断が必要です。

 

参考記事:「カーネクストの店舗はある?買取時の不安を解消」

 

営業の電話がしつこい

車を売却するために、一括査定を行う方も多いと思いますが、これが裏目に出ることがあります。

 

車を高い金額で売りたいという動機で一括査定は良いのですが、そうして複数の業者に見積もりを出してもらうと

 

そこから業者からの営業の連絡がしつこく掛かってきてしまう

 

ということがあります。ネットで調べられる業者であれば、まずはそうした評判をチェックしてみるのはオススメです。今はネットで結構いろんなことがわかりますので。

 

参考記事:「カーネクストはトラブルが多い!?評判をチェック」

 

予期せぬキャンセル料がかかる

車を売却するための手続きを進めていて、契約をしたものの、他の業者の方が査定が高いといった理由で、キャンセルしたい場合もあるとは思います。

 

こういった場合、廃車の買い取り業者によっては、「キャンセル料が発生する」ことが多いです。

 

多くの場合、ホームページなどにキャンセル料の記載がありますので、「キャンセル料の金額」のチェックは大事ですが、もうひとつ「キャンセル料が発生する条件」も、併せてチェックしておきましょう。

 

そこを押さえておけば、予期せぬキャンセル料は回避できます。

買取金の振込が遅い

買取り業者に車を売却すれば、もちろん買取り金が振り込まれることになりますが、業者によっては、その「買取り金の入金が遅い」という場合があります。

 

悪徳業者でなければ、一般的には、2~4営業日で振り込まれることが多いです。

 

ちなみに当日に現金を受け取ることができる業者はほとんど存在していませんので、支払いがちゃんとしているか、事前にネットで評判などチェックしてもよいと思います。

自動車税の還付金が戻らない

普通車を廃車にすると、通常は自動車税の還付金を受けられます。ただ、この仕組みを知らないと、これがトラブル(デメリット)の元になることがあります。

 

例えば、還付金で戻ってくる金額まで買取金額に含まれている、といった場合です。

 

還付金は、自分がすでに払った自動車税のうち過払い分が戻ってくるだけですので、それを買取金額に含められても・・・実際得するわけではないんですよね。

 

この自動車税の還付金についても、ちゃんと説明してくれる業者が良いですね。

買取金以外の諸費用が高い

買取り金以外に掛かる手出しの諸費用が高くなってしまう、というのもデメリットだといえます。

 

基本的に、車を廃車にするためにはさまざまな経費が掛かります。そのため、結局「手数料などの諸費用が買取り金よりも高くなってしまった」というケースもあり得ます。

 

こういったことにならないために、諸費用が掛からない業者選びをすることが大切です。

業者選びのデメリットとは?

中古車買取業者のデメリット

中古車買い取り業者にもデメリットはあります。

まず、基本的に中古車買い取り業者に車を売却しようとする際、一度に多くの業者に査定を依頼するために手間がかかってしまいます。更に、それに伴って営業の電話などがしつこく掛かってくるケースも少なくないようです。

 

また、買取価格が中古車市場の相場によって決まるため価格が変動しやすくなり、車を売る時期によっては査定額が低くなる恐れもあります。

廃車買取会社のデメリット

廃車の買取り会社の中には自社で廃車の手続きを行わずに、更に外部の専門家に手続きを依頼しているケースが存在しています。そういった場合、手数料が発生してしまうこともあります。

 

さらに、陸送を別の業者に手配するような廃車の買い取り業者であるなら、レッカー代も別途発生してしまいます。

悪徳業者に引っかからない方法

悪徳業者に引っかからないために、まずは車を一括査定に出してみましょう。

 

そこで、他の業者と比較してかなりの高額査定を出してくる業者は避けた方が良いようです。こういった業者は、後々再査定や車を引き取った後のクレームなどで、買取り金額を下げてくる恐れがあるためです。

 

また、契約書や見積もり書などの書類がしっかりしているかもチェックしておきましょう。これをしておくことで、身に覚えがない手数料を請求される可能性が低くなります。

まとめ(それでカーネクストにデメリットある?)

廃車買取というのは、普段あまり経験しないことなので、色々と不安なこともありますが、今はネットで調べるとたくさんの情報が得られるので、事前にデメリットを知っておくと多くのトラブルを避けることができます。

 

今回、色々とデメリットになりえるケースを紹介しましたが、こうしたデメリットのない優良な買取業者ももちろん存在していて、そのひとつが「カーネクスト」です。

 

カーネクストは、陸送費は掛からず、手続きの代行料も無料。さらに、諸経費に関しても全く手出しはありません。

 

なので、他の業者と比較検討する場合でも、カーネクストで無料査定してみるのはオススメです。自分の車の査定額の相場(基準値)を知ることができますし、また査定金額以外のサービス面での比較もしてみると失敗を避けられますよ!

 

関連記事:「カーネクストって評判悪いの?悪徳業者が起こす車買取のトラブルも」