カーネクストの買取で高額となる中古車は?

カーネクストは廃車の買取で結構有名ですが、中古車としての買取ももちろん行っています。

 

自分の愛車を中古車として買取ってもらう時は、いくつかの業者に見積もりを取って比較する方も多いと思いますが、見積もり出してもらう時は「下取り価格」「買取価格」の違いを押さえておきましょう。

 

また、ネットの口コミなどを見ていると、中古車として買い取ってもらうという選択肢以外に、「廃車として買い取ってもらう」という意外な方法で高価買取を狙う方法を推していることもあるので、その方法も紹介していきます。

 

「下取り価格」と「買取価格」の違いとは?

車の「下取り」とは?

車の下取りとは、車をディーラーや新車販売店に売却し、その売却金額分を次に購入する車の総額より引いて貰うことを指します。

 

この下取りは、売却と同時に購入の手続きをするため、個別に行うよりも手間を省けるというメリットがあります。さらに、購入した新車の納車までは下取りをして貰った車に乗ることができ、年式が古い車でも引き取って貰える可能性があります。

 

しかし、下取りの額は「新車の総額より引かれる」ことになります。

 



そのため、下取りの額があいまいになる危険性も含んでいます。さらに、カスタムされている車であっても純正パーツ以外にはプラスの査定が働かず、中古車市場の価格では下取りをされないため価格は低くなりがちというデメリットがあります。

車の「買取り」とは?

車の買取りとは、車をディーラーや新車販売店ではなく、中古車専門店や買取りを専門に行っている業者に売却することです。

 

この買取りの価格は中古車市場での価格をベースとしており、オプションや車の状態を総合的に判断したうえで決定されます。そのため、オークションでの相場や時期によっても買取り価格は変動し、需要が高いモデルや人気の装備を付けている車は時に高額で買取りされるケースも少なくありません。

 

メリットとしてこの買取りは、いくつかの業者に査定を申し込むことで複数の見積もりを取ることができます。そのため、買取り価格によって売却する業者を選ぶことができるうえ、下取りと違い売却後は現金を受け取ることができます。

 

一方デメリットとして、買取りは下取りと違い、次の車を購入とセットで手続きされないので面倒な面があります。また、オークション相場や需要によっては買取り価格が低くなってしまう場合もあります。

 

また、低年式車や不人気なモデルには価格が付きにくかったり、査定額が大幅に落ちてしまうケースもあります。

カーネクストで買取してもらうメリットは?

カーネクストで買取りをしてもらうメリットは、まだ動く車でも動かない車でもレッカーの手配を無料で行ってくれる点ですね。車を動かすにあたり、費用がかさむことがないうえ、引き渡しに際して立ち合いの必要もありません。

 

さらに、他の業者では中古車として値段が付かないような車でも、買い取り額に最低保証を付けて買い取ってくれます。

 

さらに、買取りに関するほとんどの手続きを無料で代行してくれるため、ユーザーの手間もなく安心して買取りを任せることができる点ですね。

カーネクストの買取で高額となりやすい中古車とは?

カーネクストに買取りを依頼する場合、査定が高額になりやすい中古車というのがあります。

 

その時の流行りや重要にも影響されますが、大きくは大型のバンやSUVといった車種が比較的高額になりやすい車種です。さらに、ハイブリッド車も高価買取になりやすい特徴があります。

 

日本車は基本的に海外でも人気が高いので、海外での需要が高いモデルほど買い取り額が高くなる傾向にあります。

日本以外にも販売ルートを持っているカーネクストでは、日本ではあまり高額査定にならない車でも高額で買取りになることがあるので、買取を考えているならまずは無料査定をしてみるのがおすすめです。

ネットでの口コミでは廃車で買取額が付くケースも!?

カーネクストは廃車の買取りも行っています。それでネットの口コミなど見ると、中古車してではなくて、廃車として買い取ってもらう方がかえって高額買取となるケースもあります。

 

廃車は値段が付かない(むしろ費用がかかる)ものと思われがちですが、カーネクストではそうではありません。

 

廃車を買い取ってパーツごとに分解、修理して販売するノウハウを持っているカーネクストでは、例え廃車であっても、いい値段で買い取り額が提示されることがあるのです。

 

また、廃車に関する手続きは一般的な業者に依頼すると手続きの代行料やレッカー代など、さまざまな部分に費用が掛かります。でもカーネクストはこの諸経費の部分を無料となります。

 

ですので、中古車として中古車販売店に持ち込んでも全然値段が付かない車でも、廃車の買取としてカーネクストなどの業者に持ち込むと、意外にも高く売れてしまう(買取してくれる)と場合があるんですね。

買取額が付かない車なのに買取ができる理由

中古車買取価格と廃車買取価格

カーネクストでは廃車として買い取った後、中古車として販売することがあります。

このことに、少しだけ違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、このケースはむしろユーザーにとっては喜ぶべきことです。

 

車を引き取った段階で、メンテナンスをすれば中古車として販売できると見なされれば、廃車としてではなく中古車としての価値が付くことになります。ここにカーネクストが高額での買取りを行っている秘密があるのです。

 

さらに、カーネクストでは廃車をスクラップやパーツとして販売する販路と、中古車として販売する販路を持っているため、売却する側から見ても買い取り額がアップする可能性は大いにあるといえます。

廃車するための手続きや費用はどうなるの?

カーネクストに廃車を依頼する場合、自力でやる場合とは違って手続きのほとんどを無料で代行してくれます。

 

費用に関しても、掛かるのは印鑑証明の発行料である300円のみ。これは、動く車でも動かない車でも変わらないため、自力で手続きをしたりディーラーに廃車を依頼するのとは、費用的にも大きな差が生まれるので、サービスの充実した廃車の代行業者を選ぶのがおすすめです。

まとめ

カーネクストでは、ディーラーや新車販売店、中古車販売店では値段が付けられないような状態の車であっても買取りを行ってくれます。

 

いくつかの業者に断られて諦めていた方や、現在の愛車に値段が付くのか不安な方、廃車の手続きが面倒な方は、まずはカーネクストで無料査定して査定額のチェックしてみましょう。

 

そうすれば、他の業者の査定額と比較もしやすくなります。また引き取り費用や手続きの手数料など、見えない費用も事前にチェックしておくと損したり騙されたりしないで買取してもらえますね。

関連記事:「カーネクストの口コミ、評判が悪い?実際のところを検証しました!」