カーネクストでも買取できない車ってある?

 

「事故車」、もしくは事故車級にベコベコ」になってしまった車を廃車にしなければならない、という経験は普通あまりないとは思うのですが・・・

 

普通そういう経験がないだけに、いざ廃車しようと思うと結構戸惑ったりすると思います。

 

そこで、廃車にする方法や費用をまとめてみました。

車の処理を自分でやる場合の方法や費用は?

事故車を自分で廃車にする方法

事故車を自分で廃車にするには、まず書類を集めなくてはなりません。この書類は、一時的に公道を走れなくする「一時抹消登録」か、解体してしまう前提で手続きをする「永久抹消登録」で、それぞれ必要な書類が異なってきます。

 

まず、「永久抹消登録」で必要とされる書類は以下の通りです。

  • 車の持ち主の印鑑証明書
  • 廃車にする車の車検証
  • 廃車にする車のナンバープレート2枚
  • 移動報告番号と解体報告記録がされた日が分かる書類
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 解体届け出書
  • 自動車税、自動車取得税申告書

 

また、「一時抹消登録」で必要となる書類は以下の通りです。

  • 車の持ち主の印鑑証明書
  • 廃車にする車の車検証
  • ナンバープレート2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税、自動車取得税申告書

 

双方共に、手数料納付書以下の書類は廃車の手続きを申請する当日に発行されることを覚えておきましょう。

 

以上の書類を集めたら、各地方の運輸支局の窓口にて廃車の申請を行います。この時注意したいのが、軽自動車を廃車にする場合は運輸支局ではなく、軽自動車検査協会にて廃車の申請をしなければならないこと。



 

普通車でも、軽自動車でも廃車の申請をして、書類に不備等がなければ手続きは完了となります。

 

事故車を廃車にするための費用

事故車を廃車にするための費用も、一時抹消登録と永久抹消登録で異なってきます。

 

双方共に必要となるのは印鑑証明書の発行代300円、一時抹消の場合はこれに加えてさらに収入印紙代350円が必要になります。

 

次に、車をスクラップにする場合は解体費がかかります。解体費は依頼した業者により幅があり、0~20,000円となります。

 

さらに掛かるのがレッカー代です。自走できる車や車をスクラップにせずそのまま保管しておく場合は掛からない費用ですが、不動車を引き取って貰う場合にはどうしても掛かってしまいます。

 

このレッカー代は地域や業者にもよりますが、20,000~30,000円が相場です。

 

最後に掛かる費用がリサイクル料です。このリサイクル料は車種によって異なり、普通車であれば10,000~20,000円軽自動車では7,000~16,000円となります。

 

カーネクストでも買取できない車ってある?

廃車買取の業者で結構有名なのが「カーネクスト」ですが、カーネクストでは、例え「事故車」であっても買取を行ってくれます。

 

カーネクストの凄いところは、「どんな車であっても買取」ということなんですね。つまり事故車のようなムチャクチャな状態の車であっても、カーネクストがお金を出して買取してくれるということなんです。凄い世の中になりました。

 

カーネクストは、事故車だけではなく不動車や過走行車、低年式車など幅広い状態の車に対応してくれます。

 

公式ホームページを見ると、これまでの買取り実績を公開されているので、どんな車でも買い取ってくれるって、どんなレベルなのか!?チェックして見ると、無料査定してみようかな、と思えると思います。

カーネクストの公式ページはこちらから

事故車なのに買取できるのはなぜ?

では、なぜカーネクストは事故車であっても買取りができるのでしょうか?これには、秘密があります。

 

カーネクストは、事故車を自社で修理して海外で販売できるルートを持っているだけではなく、廃車をパーツ単位にまで分解して販売することで利益とするノウハウを持っているんですね。

 

そのため、事故車のみならず、どのような状態の車であっても買取りを行うことが出来るのです。

 

ですから、こんな車なのに値段付けてもらうのは申し訳ない、という控えめな態度でも良いとは思いますが、変に遠慮せずに積極的な交渉もできますね。

 

廃車は自分でやるよりも買取の方が得という落とし穴

廃車にかかる費用については前述した通りです。基本的に、自力で廃車の手続きを行うのは書類を集めなければならなかったり、レッカーを手配したりと時間も費用も掛かってしまい、結構大変です。

 

そのため、廃車は自分で行うよりも廃車の買取り業者に依頼したほうが断然お得なのです。

 

廃車の買取り業者に頼めば、自力でやると手間も費用もかかる面倒な手続きや書類も全て代行してくれるうえ、レッカー代も無料になるケースが多くあります。

 

さらに、買取りをしてくれるのであれば、費用がかかるどころか逆にプラスになるケースすら考えられます。

 

手続きを自分でやった方がお得だと思われがちですが、廃車に関してはそういったことはほとんどないというのが落とし穴なのです。

 

廃車の買取業者とのトラブルを防ぐ方法とは?

廃車の買取り業者とのトラブルの多くは、買取り金の振り込みが遅いケースや聞かされていない経費を請求されるケースです。

 

ですが、このようなトラブルは簡単に防ぐことができます。

 

買取り金の振り込みが遅いケースの場合、提出した書類に不備があった可能性があります。申請した口座に間違いがあれば、業者側も確認作業などで振り込みが遅くなってしまうので、書類関係はしっかりとチェックして提出することが重要です。

 

また、知らされていない経費を請求されてしまうのは、廃車のための手続きにかかる経費を事前に確認しなかったために起こりがちです。不明な点は全て問い合わせれば、そういったトラブルは未然に防ぐことができるでしょう。

 

参考記事「カーネクストはトラブルが多い!?評判をチェック」でも詳しく紹介しています。

 

廃車なのに高く買取してもらうコツとは?

「廃車なのに高く買取りして貰う」なんて若干ずうずうしい!?と思う心優しい方もおられると思いますが・・・廃車でも高価買取してもらうコツが、いくつかありますので最後に紹介します。

 

まず、一つの業者に絞って査定を依頼しないこと。複数の業者に見積もりを取って貰うことで、一番高く買い取ってくれる業者を知ることができるうえ、一つの業者の見積もりを材料に他の業者との交渉も行えるようになります。

 

また、レッカー代を始めとした経費や手数料、代行費を無料にしてくれる業者を選ぶこと、です。もし、廃車を高額で買い取って貰えたとしても手数料が掛かってしまっては手出しが増えるだけです。

 

ホームページなどをチェックして、経費や手数料を無料と明記している業者を選ぶことで最終的な買い取り額は多くなるといえるので是非チェックしてみて下さい!