カーネクストに陸送を頼むと費用はいくらに?

 

「陸送(りくそう)」という言葉は、ちょっと専門用語のような響きもありますが、要は車の輸送のことですね。

 

特に陸送と言った場合、文字通り「陸の上を輸送すること」になります(飛行機や船を使わないで輸送するという意味となります)。

 

車を陸送したいというケースは、色々とあるとは思うのですが、陸送を業者に頼む場合の方法や費用の相場を調べてみました。

 

そして、動かない車や、廃車の買取で有名な「カーネクスト」に陸送を依頼した場合の費用も紹介します。

 

車の陸送の方法と費用の相場は?

運送基地(ヤード)まで持ち込んで輸送

車の陸送を依頼する場合、ヤードと呼ばれる運送・運搬基地に車を自分で持ち込むことで費用を大幅に安くする方法があります。

 

遠方に陸送する場合、車一台一台を個々に運ぶケースは少なく、大抵はヤードなど中継地点にいったん集め、まとめて陸送されるケースが多いです。そのため、自分でヤードまで持ち込むことで陸送費を安くできるという仕組みなんですね。

 

ヤードに持ち込んでからの陸送費は、距離にも寄りますが

 

東京品川ヤード持ち込み~大阪ヤード受け取りで2,3500円ほどが相場

 

となっているようです。

不動車や故障車の輸送

不動車や故障者を陸送する場合、車の状態や周囲の状況によりますがロードサービス業者に依頼した場合は基本料金10,000円ほどに加え、距離により料金が加算されていくシステムとなっていることが多いようです。

 



また、長距離の輸送を前提とした輸送サービスの業者に依頼した場合、50,000円ほどが相場。距離が短ければ輸送費は安くなる傾向にありますが、輸送費に最低料金を設けている業者も多いため依頼する場合は確認が必要となりますね。

 

陸送の見積でトラブルを避けるには?

動かない車の陸送

一口に動かない車といっても様々な状態が考えられます。陸送の見積もりでトラブルを避けるためには、動かない車の状態をしっかりと伝えることが大切になってきます。

 

まず、動かない車にも大きく2つに分けられます。それは、作業が必要になる場合と作業の必要がない場合です。陸送を依頼する車がどちらの状況なのかによって、陸送の料金は大きく変わってくるので要注意です。

 

作業が必要な場合とは、以下のようなケースが考えられます。

  • 車の保管場所で十分なスペースが確保できない
  • 道幅が狭く、積載者が保管場所に入っていけない
  • 保管場所が立体駐車場や地下駐車場である
  • 駐車場が道路に面している
  • 鍵がなく車内に入ることができない
  • 事故等で損傷が激しく、ハンドルやタイヤがなくなっている
  • 車内に大量のゴミなどが乗ったまま

 

他にもさまざまなケースが考えられますが、動かない車の陸送を依頼する場合は車の状況や保管場所、周囲の状況をしっかり伝えることがトラブルを回避するために重要になのです。

車高が低い車(ローダウン車)の陸送

また、車高が低い車の陸送も気を付ける必要があります。車高が下げられている車はローダウン車と呼ばれており、改造車の中でも特に陸送は難しいと言われています。

 

ローダウン車は通常の車に比べ陸送費も高くなりますが、その費用は車の最低地上高の低さに比例して上がっていくことになります。具体的には、最低地上高が13cm以上あれば通常の車と同じように陸送することができます。

 

しかし、最低地上高が11cmよりも低くなると通常の車と同じように運ぶのは難しくなってきます。さらに、最低地上高によってはレッカー車による陸送が不可能な場合もあるのです。

 

また、陸送が可能な場合であっても専用の台車を使った1台での陸送となるため、料金が高くなる可能性があります。

 

車高が低い車を陸送してもらう場合には、事前に最低地上高の確認をしておき、それを業者に伝えて細かな見積もりを作って貰うことがトラブルを避けるためのポイントになります。

引き上げ費用やガソリン代などの追加費用

さらに、諸経費や追加の費用について事前に確認しておくことも必要です。引き上げ費用の計算は時間単位なのか、走行距離は片道の料金なのかといったことでも引き上げの費用は大きく変わってきます。

 

また、ガソリン代などの追加費用はユーザー負担になるのか、なども確認は必須です。後々、聞かされていない経費を請求されてトラブルにならないためにも、こうした諸費用がかかることを理解しておいて、見積もりの段階で不明確であれば確認しておくようにしましょう!

 

陸送後に廃車にするなら廃車買取が絶対にオススメ

車を輸送後、廃車にする予定があるのであれば、カーネクストのような廃車買取の業者に頼むのが断然オススメです。

 

その一番の理由は、廃車の買取の中に陸送費用も含まれるからです。

 

もし次の車を買うことが決まっていれば、ディーラー、新車販売店で「下取り」してもらって廃車にしてしまっても良いですが、廃車の手続きに掛かる手数料や代行料、陸送費等は、支払いが必要な場合もあります。

(「下取り」と「買取」の違いは、こちらの記事でチェック)

 

また、自分で廃車にする、という方法もあります。ただ自分で廃車にするとしても、書類等を自分で揃えるのは結構な手間となりますし、またナンバープレートを外してもらったり車の陸送は、やはり業者に依頼することになるため結局は支払い額が増えてしまいます。

 

その点、廃車の買い取り業者であれば、陸送や廃車手続きは『無料』で代行してくれる業者も多く、トータルで費用がゼロ円(無料)になるどころか、逆に車を売却した代金が収入として入ってくるケースがほとんどです。

 

というわけで、廃車を考えての陸送であれば、廃車買取会社に頼むのが断然(絶対と言っても言いくらい)オススメです。

 

カーネクストだと陸送費用はいくら?

廃車買取で有名なカーネクストですが、陸送を依頼した場合、費用はいくらなのでしょうか?

 

カーネクストの場合、陸送した後、廃車にして買取してもらうことまで依頼に含めるなら、陸送費は無料で対応してくれます。

一般業者だと、地域や距離によって陸送費が高くつくこともありますが、カーネクストでは日本全国どこでも引き取ってくれて、レッカーが必要だとしてもレッカー代は無料で対応してくれます。

 

また、カーネクストでは車を廃車などにせず、単にレッカー等で陸送のみの依頼も受けてくれます。ただし、この場合は有料となります。

 

費用(料金)については、固定料金ではなく、車の状況(動くか動かないかなど)、陸送の距離、保管場所の状況(道幅が狭くてトラックが入れないなど)、で大分変わってきますので、まずは無料で見積もりしてもらうのがベストですね。

関連記事:「カーネクストの陸送に悪い評判とかある?廃車だと費用は高額とも」