タイヤだけ取っても廃車買取してもらえる?

車を廃車にするのであれば「使えるパーツは色々取って置きたい」と思うのは当然の所ですが

 

車の買取をしてもらうのに「タイヤだけ取っちゃう」とかありなのでしょうか?

 

特に廃車の買取業界では「最低買取額保証」を付けてることで有名なカーネクストで、それをやったらどうなるのでしょうか?

 

地味に気になる所ではあると思いますので、この記事で紹介していきます。

廃車を業者に頼む時、タイヤの扱いはどうなる?

タイヤがついている車

タイヤが付いており、自分でそのまま自走で持ち込める車であれば陸送費も掛からないうえ、業者側から見てもにレッカーを出す手間もありません。

 

また、陸送費(車の輸送費)が掛からないということは手出しがないため、そのまま買取りをして貰えれば買取り額がアップするということになります。

 

さらに、タイヤも車を構成する重要なパーツです。中古のタイヤが販売されているのを目にしたことがある方も多いでしょう。

 

付いているタイヤの溝が多く残っていればタイヤにも価値があると判断され、その分査定額が上がる可能性を秘めているとも言えます。



タイヤがついていない車

結論から言えば、タイヤが付いていなくても廃車にはなんの問題もありません。

 

まだタイヤに溝が残っているのであれば、次の車のために取っておくというのも有効な方法でしょう。さらに、他の車の予備タイヤとして保管しておくことも考えられます。

 

ただし、タイヤが付いていない車は持ち込むことができず、実質不動車扱いになるため、陸送費が掛かります。

 

また、廃車の買取り業者はタイヤも含めて査定額を提示します。

 

買い取った車を解体し、パーツ単位で販売することで利益を挙げるため、タイヤが付いていない車ではそれだけ買取り額が下がってしまうケースもあります。

カーネクストだとタイヤなしでも廃車買取できる?

カーネクストでは、車にタイヤが付いていなくても大丈夫です。そのまま買取りを行っています。

 

車の状態を問わず買取りが出来ることが強みであるカーネクストは、不動車でも問題なく買取りを行ってくれますし、それ以上に廃車に必要なさまざまな手続きも無料で代行してくれます。

 

さらに、通常では料金が掛かかってしまうレッカー代等の陸送費も無料。全国どこでも陸送費は掛からないため、安心してサービスを受けることができますね。

タイヤを取って廃車買取するデメリットとは?

タイヤがない状態でも廃車の買取りはしてもらえますが、そのためのデメリットも存在します。

 

一番のデメリットといえば、査定額が下がりやすいこと、ですね。

 

またタイヤがない場合、車が自走できなくなる、というデメリットもあります。車が自走できない場合は、業者に依頼してレッカー等で引き上げて貰う必要が出てきます。

 

一般的に、業者にレッカーを依頼した場合の相場は、距離にもよりますが2~3万円ほど。売却した車よりも高くついてしまう可能性もあります。ただここは引き取り料無料の買取業者を選ぶことでクリアできます。

 

また取り外したタイヤをすぐ使う場合は良いですが、しばらく使わない場合は、保管場所の問題もあります。雨ざらしだと、どんどん劣化するので、これもデメリットと言えます。

 

それから、もしタイヤだけ自分で売ってしまうことを検討している場合は、カーネクストなど安心できる廃車買取業者で、タイヤありなしで査定額がどの程度変わるか聞いてみるというのもおすすめです。

 

自分で売るのと、カーネクストに買い取ってもらうのと対して変わらないのであれば、自分で売る手間を考えたら、カーネクストでまとめて買い取ってもらった方が得という考えもあると思います。

タイヤ以外の部品も取り外して廃車買取できるの?

車を廃車にする際、実はタイヤだけではなく、それ以外のパーツを取り外した後でも廃車として買い取ってもらうことが出来ます。

 

例えば、ホイールですね。外した後も、他のタイヤを装着して使うことができます。

 

さらに、オプションとして付けられていることも多いカーナビも外してOKです。純正オプションのものや後付けのメーカー品などがありますが、カーナビは余りにも古い製品でなければ需要が高く、人気があります。

 

また、こだわりの方は、車内のシートも外すことができます。ただ外せば外すほど査定額も下がりますので、買取業者へ査定を依頼する際に率直にどのくらい査定額が下がるか聞いてみるのが良いですね。

まとめ

タイヤを外した状態でも廃車買取してもらえるので、取り外してOKということですね。

 

さらに、タイヤ以外の他のパーツも取り外した状態で買取してもらえますので、遠慮なく取り外してOKです。ただデメリットとしては買取額が下がってしまうということです。

 

廃車の買取り業者はパーツ単位でさらに販売することで収益を出すために、パーツが取り外された車はその分買取り額が低くなってしまうんですね。

 

また、タイヤを取った状態では自分で持ち込みが出来ないため、結果として手出しの費用が高くなってしまう可能性もあります。

 

タイヤやパーツの取り外しはOKですので、後はデメリットも考慮しながら、自分の中でのベストな解を見つけていくのが賢い方法となります。

関連記事:「カーネクストって評判悪いの?悪徳業者が起こす車買取のトラブルも」