広い北海道でカーネクストはどこまでやって来てくれるのか?

廃車の買取では結構有名な「カーネクスト」ですが、北海道のどこでも廃車を買取に来てくれるのでしょうか?

 

北海道は本州在住の民から見れば、日本とは思えないほどの土地のが広がっていますし、冬は寒さが厳しく、路面の凍結、大雪などなど、色々と車の輸送(陸送)にも、手間とコストがかかりがちです。

 

そんな北海道でも

 

カーネクストは北海道以外の他県と同じサービスを提供できるのか?

 

実は追加料金とか発生してるんじゃないの〜?

 

みたいなところをチェックしていきます。

北海道内の廃車買取業者は?

北海道には、もちろん「カーネクスト」以外の廃車買取業者も活躍されてますので見てみます。

カーネクスト

まずはカーネクストですね。カーネクストは全国で廃車の買取り事業を展開していて、北海道でも廃車の買取りを行っています。

 

経費を削減し、買取り金としてユーザーに還元するため、実店舗自体はありませんが、365日専門スタッフが対応してくれるコールセンターで対応。誰でも簡単にWEBページから無料査定を申し込むことができます。

 

また、どのような状態の車であっても「0円以上の価格保証」を付けて買取りをしているうえ、レッカーなど陸送費も無料で車を引き取ってくれます。

 

さらに、廃車にかかる面倒な手続きも無料で代行してくれるので、ユーザーの手出しは一切なく廃車の買取りをしてくれます。

 

参考記事:「カーネクストは事故車でも買取って本当なの?廃車費用の落とし穴」



伊丹車輌(株) 本社

伊丹車輌は、北海道札幌市にある廃車の買い取り業者です。北海道エリアをカバーしており、「カーライフをエコで自由に自分らしく」をキャッチコピーとして、中古車販売やリサイクルパーツの販売など幅広く事業を展開しています。

 

特徴的な部分として、リサイクルパーツを実店舗やヤフオクで販売しているだけではなく、車からユーザー自身が気に入ったパーツを取り外して購入するという、完全セルフスタイルの方式も導入しているところ。

 

WEBページにて廃車の買取価格やリサイクル料金も細かく提示しているので、安心して廃車の買取りを任せることができます。

住所 北海道札幌市白石区菊水元町1条2丁目2−6
電話番号 011-376-3600
受付時間 9:00 ~17:30
対応エリア 北海道エリア
WEBページ https://itamisyaryo.com/

 

株式会社マテック

株式会社マテックは、北海道エリアで8つの支店を持つ廃車の買取り業者です。解体工場は石狩にあり、石狩だけでも6つの自動車リサイクル工場を保有しています。

 

取り外したパーツをリサイクルパーツとして自社のネットショップにて販売しており、全国どこにいても購入が可能。廃車の引き取りも専用のレッカーを持っているので、手間なく迅速に、しかも無料で引き取りを行ってくれます。

住所 北海道帯広市西21条北1丁目3-20
電話番号 0120-148-530(廃車買取り専用番号)
受付時間 【4月~12月】8:00~17:00

【1月~03月】8:30~17:30

対応エリア 北海道エリア
WEBページ http://www.matec-inc.co.jp/

株式会社北翔

株式会社北翔は、北海道の江別市にある業者です。輸入車のパーツ販売やレストアを主な事業としており、それに伴う車の買取りやリサイクルまで自社で行っています。

 

輸入車に対しての目利きも確かであり、自社で一貫して作業を行うためその分高額査定が期待できます。

住所 北海道江別市江別太305-15
電話番号 011- 380-2156
受付時間 9:00~17:30
対応エリア 北海道地域
WEBページ https://s-hokusyo.com/

さすがに北海道まで廃車引き取りは無理なのでは?

カーネクストが北海道で対応しているエリアは?

カーネクストが北海道でカバーしているエリアが気になるところですが、なんと北海道全域です。

 

つまり北海道のどこであっても、廃車する車のある場所まで無料で引き取りに来てくれて、その車を買い取ってくれるという嬉しい会社なんですね。全く凄い。

 

北海道はとても広いですので、一般的な業者ですと、一部のエリアだけをカバーしているという形にならざるを得ないわけですが

 

カーネクストは店舗を持っていない分フットワークが軽く、そのため多くのお客さんから支持されるというサービスを実現しています。

雪があるとカーネクストでのレッカー費用など条件は変わる?

北海道で心配なのは雪ですね。さすがに雪や路面凍結など引き揚げ困難という場合は、追加料金などもあるのではないかと心配になりますね。

 

カーネクストでは、例えなどで引き揚げ困難であっても、引き揚げ費用や、レッカー代などの陸送費(輸送費)の追加料金はなし(無料)という嬉しいサービスを提供しています。

 

引き揚げ車両の走行自体が難しい場合は、さすがに車両の引き取り日の変更がある場合もありますが、その場合はもちろん事前に連絡をして日程調整をします。

 

また、車を引き取る際には、特に立ち合いなどは必要ありませんので、依頼側としては有り難く、自分が居なくてもカーネクストへ引き取りを任せることができます。

北海道での廃車買取の流れ

北海道でカーネクストに買取りを依頼する場合の流れは大きく3ステップとなっています。

 

1)無料査定の申し込み

電話かWEBページの申し込みフォームより無料査定の依頼を行います。ここで、車両の年式や状態を伝えることで、買取り金額を知ることができます。

2)車の引き取り(引き揚げ)

買取り金額に納得することができたら、日時を指定して車を引き取って貰います。車の引き取りは土日であり、立ち合いがいらないので普段忙しい方でもスケジュールに無理なく車を引き取って貰うことができるでしょう。

 

もし買取金額が希望と合わない場合は、ここで丁重にお断りすれば、キャンセル費用もかかりません。

3)買取金の受け取り

その後、必要書類を提出し、カーネクストの本社にて書類に不備がないことが確認されれば、廃車の買取り金が振り込まれるという流れになります。

カーネクストが北海道でも最低買取保証をつけてくれる理由とは?

カーネクストが北海道だけで廃車買取を行う業者であれば、さすがに雪や凍結などの悪条件でもガソリン代をかけてレッカー車を用意し、北海道の隅々まで廃車となる車を引き揚げに(それも無料で!)行き、しかもお金を出して廃車となる車を買い取る、というのは「とても割りに合わない」と、思われます。

 

しかしながら、カーネクストは北海道でも引き揚げ(レッカー)無料で、しかも最低買取額を保証してくれています。

 

カーネクストが、北海道でもそうしたサービスを展開できる理由としては、カーネクストが国内外に多くの販売ルートを持っているためなんですね。

 

事故車や水没車などは、中古車としての価値はありませんが、車体に使われている素材やパーツ単位で見ればまだまだ価値があります。

 

カーネクストは、そういった普通なら値段が付かないようなパーツまで細かく分解・修理して販売できる販売力がとても強いので、どんな廃車でも利益に繋げることができている、ということなんですね。

まとめ

北海道にも、さまざまな廃車の買い取り業者が存在しています。

 

しかし、その中でもカーネクストはどのような事故車や水没車、年式が古い車や過走行車であっても買取りをしてくれます。

 

さらに、北海道全域で引き取りにかかるレッカー代が掛からないうえ、廃車のための手続きも全て無料で代行してくれるという、有り難いサービスを提供してくれる業者です。

 

カーネクストは店舗こそないですが、大阪の一等地に本社を構える立派な会社ですので、その点でも安心して頼めるかなと思います。

 

北海道で廃車を検討しているのなら、頼むかどうかは別にしても、まずは無料査定をしてみる価値はありですよ!