廃車を買取業者へ依頼するのに書類は何が必要?

 

自分の愛車といよいよお別れという時、中古車として買取してもらうというのが一般的ですが、中には長きに渡って愛車として乗っていたために、中古車としてはもう買取金額が付かない、ということもあると思います。

 

そんな時、廃車にせざるを得ないわけですが、廃車の方法や必要な書類はなんでしょうか?

 

自分で廃車する、なんて経験は、普通はそんなに多くないと思いますので、廃車にする方法や書類についまとめてみました。

 

廃車する方法は大きく3つ!

全て自力でやる

車を廃車にするために業者やディーラーに頼むのが一般的ですが、自力で行うことも可能です。

ただし、解体場への持ち込みや、ナンバープレートの取り外しは、やはり業者を通すことになることを覚えておきましょう。

 

ディーラーや新車販売店に頼む

ディーラーや新車を取り扱っている販売店にも、廃車を依頼することができます。

 

廃車ではなく販売に注力しているイメージがあるため、廃車の依頼はしずらいと考えている人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

 

接客や査定に安心感があり、次の車を購入する際に特典を受けることが出来たりする分、廃車を依頼するには心強い存在とも言えます。

 

廃車買取業者に代行してもらう

廃車にするための手続きが面倒な方や、忙しい方、ディーラーには行きづらいという方には廃車の買い取り業者がピッタリです。



 

廃車の買い取り業者の中には、廃車であってもパーツ単位で価格を出して買取りを行ってくれる業者が存在しているため、廃車に掛かる手数料を支払うどころか、逆に買い取ってもらって収入になる場合もあるので、廃車するなら廃車買取業者に依頼するのはおすすめです。

 

廃車代行の費用の相場は?

自力で廃車する場合

廃車を行うために掛かる費用は、一時的に公道を走れない状態にする一時抹消登録と、スクラップにするための永久抹消登録で異なります。費用はそれぞれ、

 

一時抹消の場合で0~30,000円

永久抹消であれば7,000~80,000円

 

となります。

 

一時抹消であれば、ナンバーを業者に外してもらった後、保管所への陸送費で費用が大きく異なってきます。

 

また、永久抹消は引き取り代に0~30000円。そして解体費で0~30000円。最後に、自動車リサイクル料に7000~20000円が掛かってきます。

 

自力で手続きを行えば安く済ませることができる車検などと違い、実はあまり安くはないのが現状です。

ディーラー等に依頼する場合

ディーラーに廃車を依頼する場合、車の状況により手続きの内容や料金が変動します。

 

一時抹消であれば10,000~50,000円

永久抹消であれば10,000~80,000円

 

となります。

 

一時抹消にかかる料金には引き取り代や書類の手続き代などが含まれており、別途でレッカー代だ必要になることもあります。

 

また、永久抹消の場合、引き取り代や書類の手続き代の他に車の解体費用が含まれています。他に一時抹消と同じくレッカー代が含まれる場合がありますが、解体場まで自走できるのであればレッカー代は必要ありません。

 

廃車買取業者に頼む場合

車が必要なくなって廃車にする場合、費用の面でいえば最もオススメなのが廃車の買い取り業者に依頼するパターンです。その理由は、業者にもよりますが大抵の場合、

 

手数料が無料になるどころか廃車に関する手続きまで全て無料で代行してくれる場合があるためです。

 

また、修理してまた販売を行う中古車としてではなく、パーツ単位で分解することで利益を生み出している業者であれば、時に驚くほどの価格で買い取ってくれるケースもあります。

 

廃車買取業者を選ぶポイントは?

廃車の買い取り業者を選ぶポイントとしては、まず、廃車に掛かる手続きの手数料や、車を動かすためのレッカー代(陸送費)が無料であるかどうかです。

この手数料や陸送費が掛かってしまうと、廃車を買い取って貰ったのにプラスマイナスゼロになってしまうことも珍しくないためです。

 

次に、事故車や不動車、過走行車など、どのような状態の車でも買取りをしてくれる業者を選びましょう。

「事故車でも買取ます」というような業者は、海外にも流通ルートを持っている場合多いので、高額査定に繋がるケースも多くあるからです。

 

以上のような特徴がある買い取り業者であれば、お金を払わずに廃車にできるどころか、パーツの買い取り代金として逆にプラスになる場合もあるのでおすすめです。

 

参考記事:「廃車を1万円から買取する業者の真の狙い」

 

廃車買取業者へ依頼するための書類は?

廃車の買い取り業者へ廃車を依頼する際、まずその「車の車検証」が必要となります。これは、原本である必要があり、コピーなどでは不備扱いとなります。

 

また、手続きを依頼する3ヵ月以内に発行された印鑑証明も必要です。この印鑑証明は、前述した車検証原本に記載された車の持ち主のモノでなくてはいけません。

 

さらに、印鑑証明書と同じ実印も必要です。これは、手続きの代行を依頼する際に必要となる譲渡証明書や委任状へ捺印する時に使います。

まとめ

車を廃車にする場合、絶対自分でやってみたい!という方以外はディーラーなどの販売店や廃車の買い取り業者に依頼するのが賢い方法だと言えます。

 

その中でも、さらに費用を掛けずに廃車にしたければ廃車の買い取り業者に依頼するのが一番です。廃車を検討している方は、安心できる廃車の買い取り業者を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連記事:『廃車の仕方と買取業者への依頼方法と流れ』