廃車買取で自動車税を還付

所有している車が故障などで
動かなくなったり買い替えなどをする場合、
処分方法で悩んでしまう人も多くいます。

故障や買い替えなど
多く選ばれているのは、廃車をして処分する方法です。

手続きそのものは専門業者に依頼すれば、
手間なども必要なく簡単にできてしまいます。

車の買い替えなどの場合は、
ディーラーや自動車販売店などが
所有していた人の代わりに手続きを進めるのが一般的な方法です。

手続きなどを専門業者などに依頼する場合、
悩んでしまうことが自動車税などの取り扱いになります。

自動車税の扱いはどうなる?

車を所有していると必ず支払うことが必要になる税金で、
下取りや買い取りなどで手放す時には納付済されていることが必要になる条件です。

年度末ならば何も悩む必要がありませんが、
3月以外の時期に手放す場合は
還付が可能なことがあるため確認するようにしましょう。

毎年5月の決まった時期になると、
自治体などから車の納税通知書が送付されるのが大きな特徴です。

車を所有している人が
支払うことが必要な自動車税の納付書で、
定められている期日までに払い込まなければなりません。

納税者が決定する時期

この税金の特徴は、
4月1日時点で納税者が決定することです。

4月1日に車を所有している人は、
税金の納税義務が生じることになっています。
税義務のある人に対して、
5月上旬に通知書が送付されるのが特徴です。



4月1日時点での車の所有者は、
1年間分の自動車税を納付しなければいけません。

翌年の3月31日までに
廃車手続きを済ませた場合は、
翌年度の納税義務はありません。

気をつけなければいけないのは、
3月の末ではなく年度途中で廃車手続きをする場合です。

年度途中で廃車手続きをする場合

年度途中で車を手放した場合は、
所有していた人に対して還付されるのが一般的になります。

5月に支払う時は1年間分を納付するため、
年度途中で処分すると
残りの分の税金が戻ってくるのが大きな特徴です。

車を処分する時の手続きには、
永久抹消と一時抹消の2つの登録方法があります。
税金が還付される対象は、
どちらの登録方法でも対象になります。

自分で手続きをする場合
陸運局などで手続きを進めれば、
税金の払い戻しをすることが可能です。

自分でも手続きをすることは可能ですが、
必要になる書類を用意したり記入することが必要になります。

日常生活の中では
個人が手続きをすることが少ないため、
手続きを難しいと感じてしまうことも少なくありません。

手間や時間が必要になるため、
個人ではなく専門業者などに依頼する方がとても簡単です。

車の処分を7月中に行った場合は、
8月から翌年の3月分まで税金が戻ってきます。
車に乗らなくなった場合は、
なるべく早く廃車手続きを進めた方が金額が多くなるので注意しましょう。

自動車税の還付を受けるためには

自動車税の還付を受けるためには、
特別な手続きなどは必要ありません。

手放す手続きをした人に対して、
管轄している自治体から支払通知書が送付されてきます。
支払通知書が届いたら、
銀行や郵便局などで手続きをするとお金を受け取ることが可能です。

陸運局の手続きでは、
車に付いていたナンバープレートが必要になります。
車検証なども必要になりますが、
買取専門業者などに依頼すると自分で手続きをする必要がありません。

自分で手続きをする場合

自分で手続きをする場合、
ナンバープレートなどの用意を忘れると
処分することができないので注意が必要です。

専門業者などで手続きをしてもらう場合は、
車検証やナンバープレート以外にも委任状が必要になります。

手続きをするために必要になる委任状で、
買取業者などに用意されている場合はそれを使えば大丈夫です。
これ以外にも書類が必要になる場合がありますが、
業者に依頼すれば用意してくれるのが一般的になります。

手続きをすると、
すぐに還付されるわけではないので注意しましょう。
廃車で自賠責保険の還付する簡単な方法

還付されるまでの期間

車の抹消手続きをしてから、
約2ヵ月程の期間がかかるのも特徴の一つです。
自宅の送付されるのは、
現金ではなく支払通知書になります。

指定されている金融機関で
現金にすることができるので、
通知書と一緒に印鑑を忘れないことが重要です。

昼間に時間帯に金融機関に行くことができない場合は、
手続きをしておくことで
銀行などの口座に振込んでもらうことができます。

金融機関への振り込みを依頼する場合は、
抹消手続きをする事務所で手続きをすることが必要です。

一緒に手続きをした方が手軽なため、
ディーラーなどの担当者に依頼するようにします。
居住している自治体などに対して、
地方税の滞納などがある場合は注意が必要です。

税金の滞納などがある場合は、
未納分と相殺されてから返金されることになります。
廃車手続きをするのが軽自動車の場合も、
気をつけなければいけません。

軽自動車は還付されない!?

軽自動車は普通自動車と違い、
年度都有で処分しても税金の金額が低いので戻ってきません。
年度途中で車を処分すると、
自動車税の還付を受けることが可能です。

個人ではわかりにくい書類の記入などもあるため、
廃車買取の専門業者に依頼して
手続きを進める方が簡単にできます。
カーネクストの廃車買取の評判ってどう?