廃車の自動車税は還付できるの!?

自動車を所有している人であれば、
誰しもが経験することになる自動車税の納付、
その手続きにはいくつかのポイントがあるのをご存知でしょうか?

もしも自動車を乗り換えることがあった時、
これまで乗っていた自動車を廃車にする時には
注意しておかなければいけない点があります。

自動車税が発生する日時とは

というのも、自動車税はその年の
4月1日時点で所有していた人に対して発生する税金です。
4月の時点でその1年に発生する分の税金を前納する、
これがおよその仕組みとなっています。

たいていの場合には4月に税金の額が
その自動車の重量に従って決められ、5月中に納付書が自宅などに送付されていきます。

この納付書に従って
支払いを済ませれば税金は納めたことになるわけです。

廃車の場合は自動車税はどうなるのか

では、この期間の途中で該当の自動車を
廃車にする場合には税金はどうなるのでしょうか?

自動車は抹消廃車手続きをすれば
そこから新たに税金がかかることはありません。

自動車税は月割り計算で
その金額が変わってくることになるので、
廃車手続きをした後の期間分、
申請を行えば返金を受けることが可能という事です。

例えば、4月に自動車を乗り換えて
これまで乗っていた自動車を廃車にした場合です。



この時、一度納付した税金でも
納税義務が発生するのは4月のひと月分の税金です。
つまり、残りの11ヶ月分の税金は
還付してもらうことができるという事です。

金融機関を事前に指定しておけば
その口座にしっかり払い戻しがなされるので、
無駄な出費を抑えることが出来ます。

ちなみに、こうした税金の返金は
その都度申請を行わなければ受け取ることが出来ません。

こうした仕組みを知らないまま
税金を無駄に納めることがないように、
しっかり注意していきましょう。

4月に廃車した場合

4月に自動車を廃車にしたのであれば、
5月時点で送付される納付書の通り、
1年分の金額は無理に支払うことはありません。

この場合、6月か7月の時点で
督促状が送られてくることになりますが、
この時点ではおそらく正しい月割り計算が
なされた金額が請求されることになります。

ただ、この督促状には期限が設けられていますし、
その期限を過ぎてしまうとそれこそ、
滞納金が発生して無駄な出費が増えてしまう事にもなります。

期限通りに納付することが
出来ないというのであれば、
こうした督促状が届くまで対応を待つというやり方はおすすめできません。

自動車税還付の手続き方法

自動車税還付の手続きの仕方は至って簡単です。
元々、自動車を廃棄する際に行う
申請を陸運支局で行います。

この申請によって手続きは完了、
1か月から2か月後には
印鑑証明に印字された住所に還付通知書が届きます。

この通知書と身分証明書、
印鑑をもって金融機関に足を運べば
税金の還付が受けられるというわけです。

実際のところ、陸運局での申請は
自動車業者が行うことが多く、個人ですべての手続きをする人はごく稀です。

とは言え、こうした仕組みは
知っておくに越した事はないので、これを機会に覚えておくといいでしょう。

自動車税の還付の条件

自動車税の還付にはいくつかの条件があります。

一つ目は還付できるだけの
税金を支払っているのかどうか、
自動車を廃棄するタイミングによってもそれは変わっていきます。

というのも、先に挙げた例のように
4月の時点で自動車を廃棄したというのであれば、
残りの11ヶ月分の税金は還付されます。

ですが、期間の終わりの時期、
3月で自動車を廃棄したという場合には
還付できるだけの税金がそもそも残っていないので、
このケースでは返金は得られません。

還付申請を行う場合には、
こうしたタイミング、時期的なものも考慮しておくといいでしょう。

地方税を納付する方法

この他、自動車税の還付を受ける条件として、
他の地方税を納付していることが挙げられます。

住民税など、その他の地方税に滞納があった場合、
返金される金額はそれらの滞納分が差し引かれた分の金額となっていきます。

補てん額が大きければ大きいほど、
返金の額は小さくなっていくということです。
人によっては一切返金が得られないという事もあるので注意が必要です。

まとめ

ここで紹介した税金の還付は
あくまで普通自動車の場合に限ったものです。

軽自動車の場合には、
そもそも税金の還付という仕組み自体が
存在していないためこの点は注意していくようにしましょう。

税金の還付を受けるためには、
自動車廃棄のタイミングが4月から2月の間であること、
そして他の地方税に滞納がない事、
そして廃棄する車が普通自動車であること、
この3つの条件が必須となります。

自動車を廃棄する際、余計なお金を使わないように、
一度払ってしまった税金でも返金の方法がある
という事だけは覚えておくようにしましょう。

それこそ次の車を購入する際の
資金に充てることが出来ますし、
無駄を省くことで賢く税金対策を行っていくことが可能になっていきます。

こうした知識は自動車を購入する際、
乗り換えをする際にも役立っていくので、
事前にチェックしておくに越した事はありません。