廃車を1万円から買取する業者が存在する!?

 

自分の愛車を売ろうと思ったら、まずは中古車買取業者やディーラーで査定してもらう。というのが一般的ですが、そこで査定額が出ない(買い取ってもらえない)ような場合はどうでしょうか?

 

ただ同然で買い取ってもらったり、逆にお金を出して引き取ってもらう、のが多いようです。

 

しかしながら、それはかなり損をしているかも!です。

 

廃車買取という選択肢がとてもおすすめなので、最後まで是非読んでみて下さい。

中古車ではダメでも「廃車買取」なら買取してもらえる理由

中古車の買取業者では値段が付かないケース

一般的な中古車の買い取り業者に車の査定をお願いしても、値段が付けられず買い取ってもらえないケースがあります。よくあるのは、中古車として再販売しても売れないような車ので場合ですね。

 

例えば、過走行であったり、年式が古かったり、状態が良くないといったケースが考えられるでしょう。つまり、買取側としても再販売で売れる見込みの薄い車には、値段を付けられない、ということですね。

 

こうした場合、買い取ってもらうのは諦めて、ただ同然で引き取って貰う、というのも手段の一つにはなります。

しかし、ここでおススメしたいのがインターネットで無料査定もできる

 

廃車の買い取りサービスです。

 

廃車買取業者によってはどんな車でも買取り金額に最低保証を付けている』ところもあるので



 

中古車買い取り業者では買い取ってもらえない車も買い取ってもらえる場合もあります。ただ同然だった車が、逆に買い取ってもらえるわけで廃車買取サービスをチェックしない理由はありません!

 

参考記事:古い車でも廃車買取のカーネクストなら高買取も!?評判を調べてみたら…

廃車の買取にすれば値段が付く理由とは?

中古車としては買い取ってもらえない場合、こちら側が手数料を支払うこともありますが、廃車買取ということであれば、逆に手元にお金が入ってきます。

 

なぜそんなことが成り立つのでしょうか?

 

廃車買取会社の狙いを検証してみます。

部品(パーツ)ごとの価値で利益が発生できる

愛車を廃車にするのは辛い所ですが、中古車として買取してもらえない場合、廃車にせざるを得ません。

廃車にした場合、車としての価値はなくなってしまうのですが

 

車のパーツには価値がある場合があるのです。

ここに、中古車買い取りと、廃車買取の大きな違いがあります。

 

車を構成している部品は細かく分けていくと数万点にも及びます。そのため、ボディは使い物にならなくても、エンジン本体や内装のシートやハンドルなど、比較的ダメージが少ない部分には価値があるのです。

このパーツを分解し売却することで、廃車でも立派に利益を出せる商品に変わるというわけなんですね。

部品として価値がつかなくても元が取れる!?

車は、ボディにカーボンを使用している超高級スポーツカーなど一部を除き、そのほとんどが鉄やアルミ等で構成されています。

この金属の価値は、世界の需要や景気により毎日変動しています。

 

例えば、アジア各国で大きな建造物を立てる際に大量の鉄が必要になったため、鉄の価格が高騰したのと同時に日本からも多くの鉄資源が輸出されたこともあります。

 

鉄の相場は1キロあたり数十円が現在の相場ですが、自動車には相当な量の鉄が使用されています。車1台に対して鉄1トンが使われているとも言われており

 

その鉄を全て売却すれば、それだけでも数万円の価値を持つことになります。

 

こうした事情があるので、事故車のような車であったとしても値段を付けて買い取ってもらえますし、買取業者としても、元が取れるどころか利益にさえなるのです。

日本車の価値が高いという事実

廃車買取なら買い取ってもらえるさらなる理由としては、中古車として海外に輸出してしまう方法もあります。これは世界的に見て、日本車はトラブルにも強く、大きなブランドイメージを持っているため、なんですね。

 

日本国内であれば、過走行の中古車は好き好んで購入する人は多くありません。

しかし、海外ではそうではないのです。日本車への信頼度は日本人が思う以上に高いんですね。

 

このような海外での需要が多いため、日本国内ではなく海外で買い手を探せるケースも非常に多いのです。

1万円でも利益回収が可能

前述したような方法であれば、極端な話

 

どんな車でも1万円で買います!

 

とやったとしても、買取行者は十分に利益をだすことができる、ということなんですね。

ですから、買い取ってもらう私たちとしては、1万円の買い取り額で満足せず(遠慮せず)、更に高い金額で買い取ってもらえるように交渉しても良いですね!

 

もしかすると、買取り金が倍の2万円になることもありえますよ。

 

中古車としては値段が付かなかったことを思えば、すごくお得になります。

廃車買取業者を選ぶポイントは?

廃車買取行者は調べてみると結構あります。普通は、廃車の買取経験なんてめったにないと思いますので、トラブルなく安心して頼める業者を選びたいですよね。

 

そこで安心して頼める廃車買取会社の選び方を紹介します。

事前に費用全てを明確にしていること

これは、廃車の買い取り業者を選ぶ上で最も重要なポイントです。

廃車を買い取りしてもらう際に、必要となる書類の代行料や、その他もろもろの手数料(経費)に関して明確に記載している買い取り業者は信用度が高いといえます。

逆に、この費用を明確にしていない業者であれば、後々知らないところで発生していた経費を請求されて、トラブルに繋がる恐れがありますので、要注意です。

自動車還付金などの説明が明確

廃車の手続きをした際、自動車税や自賠責保険料などはそれぞれ条件を満たすことで、買取金額とは別に還付金を受けることができます。

 

ですが、この還付金について業者側には説明義務はありません。

 

そのため、還付金についての説明を行わない業者も一部存在しています。

還付金も、廃車手続きを行った時期によっては額が変動するため、買取り金を含めると大きな金額になる可能性があります。

もちろん契約前に還付金についてこちらから聞くことは大事ですが、還付金について業者の方から丁寧な案内をしてくれる業者を選びましょう。

レッカー移動の料金が無料

一般的な買い取り業者やディーラーでは、車を動かすためにレッカーを依頼すると結構な金額が発生します。距離や地域によって変動しますが2~3万円ほどが相場。

このレッカー代を無料としてくれる業者は、それだけで親切な業者といえます。

そのため、レッカー代などの陸送費は、事前にしっかり確認しておくことも重要ポイントです。

関連記事:「カーネクストの口コミ、評判が悪い?実際のところを検証しました!」