廃車手続きに必要書類まとめ

何らかの理由で所有していた車を廃車にする場合、どのような手続きをとるかによって必要書類は変わってきます。

まず一言に廃車といっても、所有していた自動車を今後一切乗らない場合などに行う永久抹消登録と、

一時的に自動車に乗らないがために行う一時抹消登録があります。



自分で一時抹消登録手続きを行う場合

まず、自分で一時抹消登録手続きを行う場合、必要書類は車の所有者の印鑑証明書と車検証、

手数料納付書と一時抹消登録申請書、さらに自動車取得税申告書です。

印鑑証明書は発行から三ヶ月以内のものを用意する必要があるため、もし手元に古いものがあっても使用することはできません。



所有者以外の人が手続きを行う場合

また、所有者以外の人が手続きを行う場合、所有者の実印が押された委任状も合わせて必要になり、

車検証に記載されている車の所有者と印鑑証明書に記載された住所や名前が異なる場合は、住民票や戸籍謄本も必要になります。





廃車手続きは自分で手続きを行おうとすると、とまどう可能性もある

一時的に自動車を使用できなくするだけですが、自分で手続きを行おうとすると、

さまざまな書類が必要になるため、手慣れている人でないといざという時にとまどうかもしれません。

また、永久抹消登録を行う場合も、基本的には一時抹消登録の際に用意する書類が必要になります。

ただ一つ違う点が、永久抹消登録を行う場合、車の解体を行ったことを証明する書類が必要になります。



実は永久抹消登録は、車の解体を完全に終わらせてからでないと申請することができません。

車の解体は業者に依頼することで行ってくれ、解体したことを証明する書類も準備してくれますが、

一時抹消登録を行うときと比べて解体という手間がかかるため、全てが完了するまでの日数も余分に必要になります。



ですが、事故や災害などで所有している車自体に乗れなくなった場合、解体すること自体も一苦労です。

乗れなくなった車を運ぶために、まずレッカー車を手配することから始めなければなりません。

その場合、別途費用が必要な場合がほとんどですし、レッカー車の空きが無い場合もあります。

こうなった場合、途方にくれてしまう人もいるのではないでしょうか。



廃車手続きは自分ひとりの力で何とかしようと考えるのではなく、専門の業者に頼ってみることも一つの手段

そんなときは、自分ひとりの力で何とかしようと考えるのではなく、専門の業者に頼ってみることも一つの手段です。

例えば廃車買取専門のカーネクストでは、事故車や故障車などをレッカーで無料で引き取るという対応を行っています。

個人で依頼すれば費用が発生するレッカー車も、カーネクストへ慰霊すれば無料で引き取ってもらえるのです。



さらに、もしかしたら車に思わぬ買取価格がつくかもしれません。

実はカーネクストでは、事故車や故障車でも買取の実績があります。

事故にあった車や故障してしまった車なんてもう廃車にするしかないと考えている場合、それはとてももったいないことです。



たとえ壊れていても、カーネクストでは修理して海外へ販売したり、またパーツをばらして販売するケースがあります。

そのため、一見もう乗れなさそうな車でも、買取してもらえる可能性があるのです。



店舗も全国3000箇所にあるため、自宅の最寄の店舗で見積もりをしてもらうことが可能ですし、

土日や祝日も関係なく、365日年中無休で対応してもらうことができます。

申込はホームページから簡単に行うことができ、最短で当日の引取りが可能です。



もし仮に値段がつかなくても、廃車のために必要な書類は丁寧に案内してもらえますし、

何より手続きにかかる費用は無料です。自分ひとりで廃車にしようとすると、

必要書類をそろえてから陸運局に行ったり、ときにレッカー車を手配したりと手間もお金もかかります。

ですが、カーネクストのような専門の業者に頼むことで無料で手続きを行ってくれるため、一度見積もりしてみることがおすすめです。