廃車の手続き方法の大まかな流れ

売ることすらできなくなってしまったような車を廃棄するためには廃車の手続きを行う必要があります。

これを怠ってしまうと車を所有しているだけで税金がかかってしまうことになりかねません。

簡単にできることなので車が不要になったときには速やかに必要な手続きを行っていくことが大切です。



大まかな流れとしてまず車を業者に引き取ってもらってスクラップにし、必要書類を持って運輸支局に持って行くだけです。

これだけ簡単なことだからこそ無駄な費用が発生したり、

スクラップにするのにも苦労してしまうような状況になったりしてしまわないうちに廃車にしてしまった方が良いのです。



より詳細に見るとまずスクラップにするには業者に車を引き渡さなければなりません。

候補となる業者としてディーラーが通常は想定されますが、

それ以外にも修理や解体などを行っている自動車整備工場、

あるいは自動車の解体を専門としている解体業者が候補になります。



この中から業者を選んで車を引き渡すことになります。予め電話連絡をしておくのが確実であり、



スクラップにして欲しいことを伝えましょう。

すると引き渡しの方法として通常は二つか三つから選ぶことができます。

最も費用がかからないのが車を業者に持ち込んで引き取ってもらう方法です。



次善の方法として業者に来てもらって運転して持って行ってもらうこともできます。

そして、車が動かないあるいは公道を走れないという状況になっているときに

選ぶことになる選択肢がレッカーで運んでもらう方法です。



スクラップにするのを先延ばしにすると

スクラップにするのを先延ばしにしているうちに車検が切れてしまうと公道を走行できなくなってしまい、

レッカーを選択せざるを得なくなるので注意が必要です。

これらの中から選んで業者に車を引き渡したら、スクラップにしてもらって

ナンバープレートを受け取ることができます。それと合わせて使用済自動車引取証明書、

リサイクル券番号を受け取ります。これらを手に入れることがスクラップを業者に依頼する目的です。



スクラップにしたときに手に入れた書類と所有者の印鑑証明書、実印、及び自動車検査証を持って

運輸支局に行けば抹消登録を行うことができます。運輸支局に申請書が用意されているので記入します。

これらを合わせて窓口に提出することによって手続きは完了です。



この際にもし車検の期間が一ヶ月以上残っている場合には自動車重量税の還付を受けることが可能です。

自動車重量税還付申請書を窓口で受け取ることができるので、

それに記入して窓口に提出すれば後日に指定した口座に振り込んでもらうことができます。



これで廃車手続き自体は終わりですが、もし自賠責保険が残っている場合には

還付を受けるために手続きを行う必要があります。

この場合には廃車したことを証明する登録事項証明書を発行してもらう必要があるので注意が必要です。

廃車時に必要書類まとめ



廃車に必要な永久抹消登録

廃車に必要な永久抹消登録の場合には、一時抹消登録と違って手数料はかかりませんが、

抹消登録証明書は発行されません。これに相当する書類として登録事項証明書を手数料を支払って

発行してもらわなければならないのです。



スクラップにするために業者に持ち込むのは土日祝日を問わずに行うことができますが、

運輸支局は通常は平日の昼間しか開いていません。平日は働いているという人の場合には

時間を作って行かなければならないのは確かです。



手続き自体は簡単でも廃車にする時間がないという場合には代行を依頼することも可能です。

スクラップを依頼した業者に依頼するか司法書士などに任せると数千円から一万円程度で

代行してもらうことができます。自賠責保険の還付などについてもまとめて依頼することができるので、

時間が取れないという人の場合にはより簡便なので検討する価値がある方法です。



廃車の愛車を高く買取することも可能なので

カーネクストのサービスをチェックしてみるといいですよ。