廃車買取ってなんでするの?

中古車としての価値が失われるほどに走行距離が長くなった車や古くなりすぎた車については

廃車として廃棄処分されることになるのが一般的でした。しかし、現在では廃車買取を行う業者も出てきています。



通常は手続きを行うために費用がかかってしまうため、ディーラーに依頼しても

お金を払って車を廃棄処分するという流れになります。しかし、そのような車であっても

費用がかからないどころか、車の状態に応じて幾ばくかのお金で買い取ってもらうことが可能です。

簡単にできる廃車の手続き方法



廃車買取って分解してパーツを取得することを目的



このような買取サービスが行われているのは業者が車をそのまま使用するのではなく、

分解してパーツを取得することを目的としているからです。走行距離が長かった車であっても

場所によっては十分にまだ使えるパーツが残っていることがあります。



タイヤだけは大切にしようと考えて最近になってから交換したけれど、

エンジンもそろそろだめになってしまったから廃棄することにしたというケースもあります。

そのような場合にはタイヤをパーツとして中古販売することにより業者は利益を得ることが可能です。



あるいは車検のための整備や一般的な修理も受け付けている業者であれば、

その際に安価な中古パーツとして使用することにより、整備や修理に来たドライバーに

安価なサービスを提供することができます。このような形で中古パーツを活用することを目的として

廃車買取を行っているのが基本です。車は数多くのパーツを組み合わせて作られているものであり、

取得できるパーツはタイヤだけではありません。



ホイールやブレーキパッド、バンパー、ワイパー、窓ガラスなど様々なパーツを使用可能です。

整備すれば使用できるということが多いのがエンジンやバッテリーであり、

比較的高価であることからこの辺りのパーツを一度交換したことがあると高値で買い取ってもらえることもあるのです。



古い車のパーツとなるとニーズがないと考えられてしまいがちですが、

世の中にはクラシックカーを好んで所有している人もいます。そのような人たちは故障が起こったときに

パーツを探すのに苦労することが多く、むしろ廃車から調達したパーツであっても動くものを

手に入れられるのであれば歓迎する傾向があります。昔は人気だったモデルのパーツともなると

高額で取引されることも多いため、廃車の買取でも高めの価格になるのが一般的です。



今でもなお人気があるようなクラシックカーであればむしろ走れる状態に整備可能であれば

高額で買ってくれる人が見つかる可能性があるため、パーツを取る目的ではなく整備して

オークションにかける予定で買い取りをすることもあります。



廃車買取ってパーツとしてではなく材料として売却する

また、パーツとしてではなく材料として売却するという場合もあります。

近年では金属の価格が飛躍的に高騰している状況にあり、巷でも排水口の鉄などが盗まれてしまう

ということが目立つようになりました。車のボディを作り上げている鉄やアルミなどの金属についても

再利用することができるだけでなく、他の目的で使用することも可能です。



そのため、買取をした車は余すことなく利益にすることができます。

だからこそ少しのお金を出してでも買い取ろうとしてくれる業者が多いのです。

これに加えて最近の傾向としてクラシックカーでなくとも、古くても走るという車であれば

海外で売るという方法を取る業者もあります。発展途上国を中心として車の需要が高い国では

古くても安ければ買ってくれるという傾向があります。



簡単な整備だけで数年間は走れる状態になるという車であれば輸出して販売するという

方法で業者が利益を上げることも可能です。

このような目的で廃車買取を行っている業者も増えてきているのが現状です。



ちなみに廃車買取はカーネクストがオススメです。