廃車時にかかる費用って?意外と安い?

走行距離が長くなったり事故を起こしてしまったりして廃車をするときには費用が発生します。

厳密に言えば手続きとしては永久抹消登録をすることになります。

これによって車を二度と使えないように車籍から抹消することが可能です。

手続きを行うのにかかる費用は大まかに四つに分けることが可能です。



ディーラーや自動車整備工場、解体専門業者などに引き取ってもらう料金、

解体してスクラップにしてもらう料金、業者に依頼したときの代行料金、そして自動車リサイクル料金です。

このうちでリサイクル料金については平成17年1月1日以降に購入した車の場合には

既に支払ってあるのが一般的であり、さらにリサイクル料金を払う必要はありません。



車検を受けるためにもリサイクル料金を支払っていなければならないため、

これら既に払ってあるケースが多い費用です。国産の普通自動車であれば1万円程度であり、

軽自動車では8000円程度で少し安く、大型車や外車の場合には2万円程度という形で高く設定されています。



また、一時抹消登録の場合には廃車手続きのために料金がかかりますが、

永久抹消登録を行うときには必要がありません。



業者の引き取り料金

業者の引き取り料金、スクラップ料金、代行料金についてはケースバイケースです。

引き取り料金は車が動かない場合に運んでもらうのにかかる料金であり、

自分で車を業者に持ち込めば無料になります。レッカー車を手配してもらって運ぶことになるため、

通常は1万円から3万円程度の費用がかかるものです。



車検が切れてしまっていて行動を走行できないという場合には仮ナンバープレートを発行してもらって

自分で走らせて業者に持ちこんだ方が安上がりになります。

ただし、自賠責保険が切れてしまっているとできない方法なので注意が必要です。

簡単にできる廃車の手続き方法



スクラップ料金

大きな差が生まれやすいのがスクラップ料金であり、

ディーラーに依頼すると1万円から3万円程度がかかるのが一般的でした。

現在でもその程度の料金を請求しているケースは多く、

廃棄処分にかかる廃棄料金と作業を行う人の人件費が組み込まれているのが特徴です。



しかし、自動車整備工場や解体業者に依頼した場合にはスクラップ代が無料になることも多くなりました。

解体するのに人件費がかかるのは確かですが、解体した後のパーツや車体の材料を廃棄せずに

売却することで利益を得ることができるからです。



このような方法を取ることで人件費を相殺できることが多いのに着目して

解体を積極的に受け付けている業者もあります。場合によっては無料になるどころか

少々のお金で買い取ってくれることも増えているのが現状です。業者次第であるだけでなく、

車の状態によっても大きく左右されることからいくらになるかは判然としないのがスクラップ代の特徴です。



代行料金

代行料金についても明確な相場があるわけではありませんが、大まかには5000円前後になっています。

ただ、この料金をスクラップ料金に含めてしまっていることもあって曖昧な場合も少なくありません。

行政上の手続きを自分で行えば節約できる料金なので、見積もりの時点で確認する必要があります。



このような費用を総じてみると廃車を行うのはともすればほぼ無料になります。

しかし、動かない車をディーラーで廃車にしようとすると5万円程度はかかるという認識が必要です。

どの業者にスクラップを依頼するかによって大きな差が生じることに加えて、

車の状態によって左右される面もあります。



しかし、高くても5万円程度で済むと考えると意外と安いと考える人も多いのが廃車費用です。

業者比較をしてスクラップ料金を節約し、代行を依頼せずに自分で手続きを行えば安いと

感じることになりやすいのも確かです。

廃車買取はカーネクストがオススメです。