廃車が急に決まって代車を用意する場面に遭遇

通常は車を購入する際に
次に使うものを決めることが多く、
納期によって待たされることもありますが、
1,2週間程度なのでそれほど大きな影響はありません。

しかし、突発的な事故で大きな損壊を受けてしまい、
修理して使用するのが難しくなり、
廃車する場合は次のものがまだ決まっていないため、
そのままでは車を使えなくなってしまうので不便になります。

このようなときに
車買取を行っている業者に下取りをしてもらい、
そこで代車を用意してもらう方法があります。

状態にもよりますが、
そのまま使えないものでもパーツを
回収することもできるので買取をしてくれることがあり、
金額は期待できませんが、
事故で少しでも出費を抑えたいときに処分費用がかからなくなるのは大きなメリットです。

サービスで借りられる場合

ただし、基本的に車を購入すると決めているときに
サービスで納車されるまでの期間に貸してもらえるものなので、
単に買取ってもらうだけであれば利用できません。

また、口コミなどで利用できたとされている
店舗に行っても借りられない場合があります。

まず、買取業者は
中古車の販売も同時に行っているため、
ここで余っているものが代車で
提供されることになる仕組みになっており、
大手であれば対応できる場合が多いです。



しかし、実際には大手でも直営店と
フランチャイズなどの違いがあり、
後者の方は規模が小さいので
扱っている数も少なく、貸し出せないことがあります。

直営店でも繁忙期などで
在庫が少ないときは
断られる可能性がないとは言えないので注意が必要です。

基本的には無料で代車を利用可能

利用料金は、
1、2週間程度の短期間であれば、
車を購入してもらうためのサービスで
無料にしているところがほとんどですが、
有料になっている場合もあるので注意します。

基本は無料の場合でも、
1か月以上使いたいなど、長期間になれば
業務にも影響が出るので有料になる場合があります。

なお、事故を起こしたケースではお金がないので
中古車を買った方が出費が少なくなりますが、
新車を買う余裕がある場合には
ディーラーから借りることもできるので、
どちらが適しているのか考慮すると良いでしょう。

仮に事故してしまった場合

代車を運転している最中に
事故を起こしてしまうケースもありますが、
この場合の修理費用の負担は業者によって
異なっているので事前に確認しておいた方が良いです。

整備不良が原因であれば業者側の責任になりますが、
簡単に立証できるものではないです。

一般的に高額の車であれば保険に入っているので、
それを適用して支払ってもらえる場合がありますが、
事故を起こした利用者の保険を使うように求められることもあり、
このようなところであれば未加入であるとそれが原因で断られます。

ただし、使っていた車が元々販売用のものではなく、
代車用のものであれば、
状態の悪い車を買取って使っているので
価値も高くないので損害の負担は大きくありません。

販売用のワンボックスカーなどを
借りている場合には高額になってしまうので、
あまり高いものを選ばない方が万一のときに安心です。

第三者が関わらない、
軽微な接触などで僅かな傷が付いてしまう場合がありますが、
これも返却するときは正直に申告した方が良いです。

相手は日頃から買取のために
車を細かくチェックしているプロなので、目立たないものでも気付かれます。

素直に傷付けたことを誤れば
費用を請求されずに済むこともありますが、
黙っていると印象が悪くなり、後になって修理代を請求される恐れがあります。

他の方法で対応するために

買取業者に余剰の車がないなどで
代車の利用を断られた場合でも、使えなくなると諦める必要はなく、
そもそも他の方法で対応できないのか考えましょう。

近年は様々なサービスが行われているので、
型落ちした車で機能も制限された状態で
格安で利用できるレンタカーなども各地で利用できます。

1か月以上使用するのであれば、
長期契約を行って料金を割安にすることもできるので便利です。

カーシェアリングも広がってきており、
商業施設やコインパーキング、マンションの
駐車場に設置されている場合もあるので、これも検討してましょう。

毎日通勤や私生活で使用する場合には、
これらで対応するのは手間がかかって不便になりますが、
週末しか使わないなど、利用する頻度が低いのであれば、
車の置かれている立地が近くなら十分に対応が可能です。

負担が小さくなるのであれば、
今後新たに車を購入せずにこれらのサービスに切り替えることも検討できます。

短期間でも代車利用が可能

このように、廃車にしなければならないほどの
損壊があり、次の車の購入予定がないときでも買取業者などで
短期間であれば無料で代車を用意してくれるところも多いので、
探してみると良いです。

利用する際には事故を起こした時の扱いなど、
契約条件を十分に確認しておき、
万一のときに備えておきます。

在庫状況などで必ず貸してもらえるわけではないため、
その場合はレンタカーやカーシェアリングなどを使って対応すると良いでしょう。