廃車の方法と買取業者への依頼の流れ

車を廃車にしたいときは専門会社に任せるのが得策で、
中古車買取業者と同じ感覚で利用ができます。
ディーラーに任せるよりも高値がつくことが多いので、
任せて失敗はないでしょう。

すでに不動になっている車でも
価値がゼロになることはありません。
使用できるパーツは予備パーツとして使用できますし、
金属は資源として活用できます。

車は金属の集合体と言えますから、
パーツ単位で見ればお宝と言えるでしょう。

廃車専門の買取業者に依頼すれば、
面倒な手続きもすべて代行してくれるので便利です。

新しく車を購入するなら
ディーラーの下取りがおすすめですが、
購入予定がないなら専門会社に任せるのが得策でしょう。

自動車リサイクル法に基づいて
処分してくれるので安心ですし、
原則として料金は発生しません。

まだ価値のある車なら値がつくことが多いですし、
車として機能しなくても原則として有料にはならないです。

自分で車を分解してパーツを
ネットオークションで販売する方法もありますが、
保管場所に困ってしまう問題があります。

廃車買取会社に任せるのがおすすめ

ほとんどの方は専門会社に任せて
処分をしている現実があるため、
廃車買取会社に任せる処分の仕方をおすすめします。
廃車買取ならカーネクスト

依頼の流れは専門会社の公式WEBサイトから行い、
必要事項の入力をして送信すればOKです。

中古車買取会社を利用するときの
流れとまったく変わりがありません。
レッカー車の手配もしてくれるので、
不動車でも問題なしです。



まずは相談してから決めたい方は、
電話やメール相談を利用するといいでしょう。

車種・年式を聞かれることもあるので、
事前に情報を確認しておいてください。
車検証を用意しておくと手続きがスムーズになるので、
事前に用意しておきましょう。

書類関係に不備があるとすぐに手続きができず、
時間がかかってしまう可能性があります。

買取相談は絶対じゃない!?

相談と依頼は別ものなので、
相談したからと言って売却を迫られることはありません。
ただし最初から出張依頼をすると、
全力で買取を迫ってくるのが普通です。

業者側としてはレッカー車の
手配・現地見積もりにはコストがかかるので、
なんとしても買取したいと考えています。

そのため最初はWEBで相談をして、
納得できたら出張してもらうのが得策です。

廃車買取会社には
一部に悪徳業者が存在するので、
WEBサイトを所有している会社なのか
調べておく必要があります。

WEBサイトがないから
100%怪しいとは言えませんが、
サイトを所有している会社と比較して信頼性は下がります。

レッカーは基本は無料で引き取り

売却を決めたら
車の引取りをしてもらうことになり、
回収の仕方はレッカーが基本です。

出張費用は原則として無料ですが、
売却を断ると費用を請求してくる会社もありますから、
事前に健全な会社なのか調べておくことが大切です。

何より興味本位で利用しないようにし、
売却を決めた場合のみ出張してもらうのが原則と言えます。

距離にもよりますが、
出張には2~3万円以上の
費用がかかるのが普通です。

レッカーを呼んでから売却するか
決めるという選択肢はなしだと考えてください。

必要書類に不備があると
買取してもらえない可能性があるので、
不備がないようにしましょう。

一時抹消か永久抹消かによって
手続きの方法が変わってきます。

印鑑証明書などの必要書類は、
自身で用意する必要があります。

申込内容と車情報に違いがあると
売却できないことがあるので、
間違いがないように記載してください。

ローンの支払いをしている車なら、
ローンを完済しておく必要があります。

ローンが残っている状態は
自己所有物ではないので、
自分の意思で売却することはできません。

出張してもらったらローン返済中だと発覚し、
その場でキャンセルになるケースは
意外と多いので注意してください。

買取のお支払いは原則として口座振込になるので、
口座情報を用意しておく必要があります。

抹消手続き完了後は…

抹消手続き完了の書類は
自宅に送付してくれるので受け取ってください。
廃車を売却するときは任意保険を解約し、
あとは自動車税の還付を受けましょう。

一連の流れは買取会社の公式サイトに記載されており、
お問い合わせをすれば諸費用がわかります。

廃車の場合は諸費用がかからないことが多く、
完全無料で回収してくれることが多いです。
もちろん価値のある状態なら有料での買取になり、
人気の車種だと50万円以上で売れることもあります。

まとめ

大切なのは売却をすると
決めたら早めに依頼をすることで、
早く依頼をするほど高値で売れる可能性が高いです。

車は経年劣化の影響を受けやすいため、
現在と1年後では後者のほうが安くなります。
時間経過とともに価値が上がるのは一部のプレミア車両だけで、
ほとんどの車は早く売るほどお得です。

買取会社によって得意車種が異なりますし、
月間強化車を設定していることもあります。

ひとつの会社に絞ることなく、
多くの会社を比較して決めていくのがおすすめです。
迷ったときは比較検討をする癖をつけておけば
失敗することはないはずです。