廃車の方法と買取業者への依頼の流れ

自分の愛車をいよいよ廃車にしなければならなくなった場合、普通にディーラーへ持ち込んで任せることもできるのですが

 

今おすすめは、廃車買取の専門会社に任せる、ですね。

 

新しく車を購入する場合は、ディーラーの下取りがおすすめですが、購入予定がない場合は、廃車買取の専門会社に任せるのが得策と言えます。

 

廃車買取行者というと耳慣れない感じもありますが、ディーラーに任せるよりも高値がつくことが多く、何より面倒な廃車の手続きもすべて無料で代行してくれる業者もあるので、優良な業者を選ぶことで、とてもお得に廃車することができます。

 

廃車の方法は大きく3種類あります

一言で廃車といっても、手続きの内容によっていくつかに分けられています。ここでは、永久抹消登録、一時抹消登録、解体届け出について簡単に紹介していきます。

 

永久抹消登録

永久抹消登録とは、車を分解して二度と走行できなくなることを前提とした手続きです。この永久抹消登録を行うと、再びその車を運転したりすることは出来ません。文字通り「抹消」してしまいます。

 



事故や災害等で修理ができないほど破損してしまった車や、経年劣化や過走行で古くなってしまった車を処分する場合に抹消登録を行います。

 

壊れてしまっていたり、古くなってしまった車を保管しておくこともできますが、抹消登録を行わない限り、自動車税は毎年課税され続けることになります。そのため、手続きはなるべく早めに行うことをおススメします。

 

ディーラーや新車の販売店に永久抹消登録を依頼した場合、車体の解体費用など諸経費が掛かってしまうケースが多くありますが、廃車の買い取り業者であればパーツを分解して販売したり、鉄やアルミ等の素材として買取りをしてくれます。

 

また、抹消登録は車の解体が完了して15日以内に手続きを行わなければいけないため、要領がわからずに自力で手続きをしようと思うと結構大変です。

 

一時抹消登録

一時抹消登録とは、しばらく車に乗らない状況になった場合に申請することが多い手続きです。一時抹消をすると、一時的に廃車扱いとなり、公道を走ることは出来なくなりますが、税金等の課税をストップさせることができます。

 

再び申請することで、問題なく公道を走ることができるようになるので、また車に乗ることがあるような場合には永久抹消ではなく一時抹消を行いましょう。

 

また、こちらの一時抹消の場合、永久抹消では還付があった自動車税などは戻ってこず、やっぱり車に乗らない!となった場合には、さらに永久抹消の手続きをしなければなりません。

 

解体届出

解体届出とは、一時抹消登録済みの車を解体した時の手続きです。手続き自体は全国の運輸支局どこでも行うことができます。

この解体届出は、自分で手続きを行う場合と業者等に依頼する場合で必要な書類が変わってくるため、ケースに併せて必要な書類を揃える必要があります。

 

超おすすめは「廃車買取業者」への代行依頼

廃車自体はディーラーや新車の販売店、中古車販売店でも行ってくれますが、やはり廃車の買い取り業者に依頼するのがオススメです。

 

その理由としては、ディーラーであれば、査定や接客の安心感こそあるものの、廃車を依頼するとどうしても手数料等の出費が避けられないからです。さらに、廃車を運ぶためにレッカーを手配してもらったりすれば、出費がさらに増えていくという覚悟をしておかなければなりません。

 

一方、廃車の買い取り業者に依頼する場合、廃車の買い取り業者は廃車に必要な手続きのほとんどを無料で代行してくれる業者がほとんどである上、レッカーも無料で手配してくれるケースも多くあります。

 

また、パーツ単位で査定をして買取してくれる業者も少なくなく、ディーラー等では値段が付かなかった車にも思わぬ高額査定が付くケースも珍しくはありません。

 

廃車買取の業者選びは絶対ここを押さえて!

良い廃車の買取り会社と出会うためには、いくつかのポイントがあります。

 

まず、車を動かすためのレッカー代や書類の代行費など、諸経費の部分をホームページ等にしっかり明記している会社です。

この部分がしっかりしていれば、後に知らされていなかった経費を請求されたり、トラブルになる可能性がかなり低くなります。

 

さらに、レッカー代に関していえば、無料にしている業者が絶対におススメです。

これは、まずレッカー代は大体2~3万円が相場。このレッカー代がかかってしまうようではいくら廃車を買い取りしてもらっても、トータルでは支出の方が上回ってしまう可能性があります。なので、レッカー代は無料にしている廃車の買い取り会社を探しましょう。

 

最後は、多くの中古車取扱店やパーツの販売業者とつながりがある買い取り会社がおススメです。その理由は、廃車の買い取り会社が多くの業者と取引があればあるほど、買取りの査定額がプラスになりやすいため。

 

ボディを鉄やアルミ等の素材として査定する業者や、パーツごとに分解して細かく査定してくれる業者との付き合いがあるような廃車の買い取り業者こそ、廃車をまさに無駄なく査定してくれる可能性が高いといえるからです。

まとめ

廃車にする方法や業者の選び方について紹介しましたが、廃車にすると決めたら早めに手続きを行うことがプラス査定に繋がる一番大切なポイントです。

 

車はとても経年劣化が早いだけではなく、需要が高いパーツなども移り変わります。一部の希少車やヴィンテージカーは徐々に価格も上がりますが、一般的な車では早く売れば売るほどお得です。

 

業者によってはキャンペーンなども行っているタイミングもあるので、そういった特典をうまく利用して車を賢く廃車にしましょう。

関連記事:『カーネクストの口コミ、評判が悪い?実際のところを検証しました!』