自動車の廃車方法。実は色々あります

一口に廃車といっても、廃車の手続きには2種類あるのをご存知でしょうか?

 

それは「一時抹消」「永久抹消」です。それぞれの違いを簡単にいってしまうと

 

「一時抹消」は、車を一時的に公道の走行不可能な状態にすること

「永久抹消」は、車をスクラップにしてしまう前提の手続きのこと

 

手続きは各地方の陸運局で行いますが、それぞれ掛かる費用と必要な書類が異なります。

ですので、手続きを行う前には陸運局に事前に確認しておく必要があります。

廃車手続きを自分で行う

廃車手続きは自分で行うことができます。

ただし自力での廃車は必要な書類を全て自分で揃える必要があるうえ、廃車にする車が動かなければレッカーの手配、車を持ち込む解体工場の選定など、かなりの手間が掛かる方法です。

 

自力で廃車にするというのは、自分で確実に抹消ができたことを確認できる唯一の方法ではありますが、しかし金銭面でもメリットが少ないというのがこの方法となります。

ディーラーや新車・中古車販売店で廃車にする

ディーラーや、新車・中古車の販売店にも廃車を依頼することができます。

このケースでは、ただ廃車にしてもらうというよりも、車を下取りに出すことで次の車の購入資金に充てるパターンがほとんどでしょう。



 

ここで、「廃車」ではなく「下取り」の手続きとなった場合、その車の市場価値が重視されます。

 

そのため、年式がかなり古かったり、または自走できないほどボロボロの状態になっていたりする場合は、下取りに出しても値段が付かないという可能性も出てきます。

 

さらに、ディーラーによっては「下取り」を断られてしまうこともあります。

廃車の買取業者に依頼する

廃車する車なのに、お金を出して買い取ってくれるという、嬉しい業者が現代は普通に存在します。

 

廃車の買取業者の場合は、不動車や事故車であっても引き取ってくれるうえ、買取価格にも最低保証を付けている業者も多く存在しています。

 

自力で行えば手間もお金も掛かる、廃車手続きの代行や陸送にかかる費用も、廃車買取業者へ頼めば無料としている業者も多いので、これは費用を支払うことなく(むしろお金をもらって)車を処分できる方法となります。

普通に廃車すると廃車費用の相場は?

自力で廃車にした場合

自力で手続きをした場合、廃車にかかる費用は陸送の距離や解体費によって金額が大きく変わってきます。

 

公道を走れないように、一時的に名義を消す「一時抹消」という手続きであれば30,000円程度です。

 

そして、解体を前提とした「永久抹消」の手続きでは7,000~80,000円程が相場となっています。

ディーラーや新車・中古車販売店に依頼した場合

ディーラーや新車・中古車販売店に廃車を依頼したとしても、自力で手続きを行う場合とほぼ変わらない出費を覚悟しなければなりません。

 

一時抹消なら10,000~50,000円、永久抹消なら10,000~80,000円が相場となります。

 

ディーラーでの廃車手続きは、処分する車の状況や手続き内容により費用が変わります。

廃車の買取業者に依頼した場合

この場合、費用は掛からない(無料!)ことが多くあります。それどころか逆に現金が手に入る可能性だってあります。

 

なぜなら、廃車の買取業者は車を廃車にするだけでなく、パーツ単位や金属素材として買取りしてくれるため。

 

レッカーに掛かる陸送費を始め、各種手続きの代行を無料で行ってくれるうえ、ディーラーでは廃車を断られてしまうような状態の車でも買取を行ってくれます。

自動車の廃車費用の落とし穴

自動車の廃車にかかる費用で落とし穴となるを紹介していきます。

 

まず1つは、やはり「車の陸送に掛かるレッカー代」でしょう。

 

レッカー代は、運ぶ距離や車のサイズによっても変動します。

そのため、廃車の買取業者に依頼したとしても、レッカー代が無料でなければ買取価格と相殺どころか、出費の方が増えてしまうケースも考えられます。

 

そしてもう一つの落とし穴は、「二重査定」です。

これは落とし穴というより、もはやトラブルですが、二重査定というのは、一度査定を行った後、買取り金額を下げる要求をしてくることです。

 

買取金額を下げてくる以外にも、後付けで手数料を要求してくるような業者もいますので、優良な業者を見分けることも重要になってきます。

廃車費用を無料にする手続きの方法とは?

廃車に掛かる費用を無料にするためには、実質的に廃車の買取業者を利用するしかありません。

 

なぜなら、自分で廃車にしても、ディーラーに依頼してもほとんど変わらない費用が掛かってしまうからです。

 

ただし、廃車の買取業者を利用すれば安く廃車にできるといっても、廃車に掛かる手続きやレッカー代を無料にしている業者を選ばなくてはなりません。

 

どんな状態の車であっても引き取ってくれ、広い販売ルートを持っている業者ならば、廃車が無料でできるどころか思いもよらない現金を手に入れることができるかもしれません。

まとめ

車を廃車にするためには書類を用意し、車を自分で運ばなければならず、そのために手間、時間、多くのお金が掛かります。

 

なので、廃車の方法や依頼先を検討するのが大事なので、紹介してみました。

 

そして車の解体を前提に廃車にするのなら、廃車の買取業者に頼むのがベストです

パーツごとに査定をしてもらえれば、現金も手に入るのでかなりお得な方法となりますよ。

 

関連記事「カーネクストの車買取でデメリットとかある?悪質な廃車業者は切る