自力で軽自動車を廃車にするために必要な行動は?

 

軽自動車を廃車にする方法には2つの方法があります。

 

・車を解体する前提の手続きである「解体返納」

・公道を一時的に走られないようにする「自動車検査証返納届」

 

いずれの場合でも、必要な書類を揃えて軽自動車検査協会の窓口にて手続きを行います。

軽自動車の廃車のために準備する書類や手続き方法は?

解体返納(永久抹消登録)をする場合

軽自動車を永久抹消登録する場合、必要となる書類は以下の通りです。

 

  • 車の所有者・使用者の印鑑
  • 使用済み自動車引取証明書
  • 車検証
  • 車のナンバープレート

 

普通車を永久抹消登録する場合と違い、実印は必要ではありません。認印でも問題ないとされています。

 

以上の書類を揃え、軽自動車検査協会の窓口にて「軽自動車税申告書」と「解体届出書」、「手数料納付書」を取得して手続きを行いましょう。

自動車検査証返納届(一時抹消登録)をする場合

軽自動車を一時抹消登録する場合、必要となる書類は以下の通りです。

 



  • 車検証
  • 車のナンバープレート
  • 所有者の印鑑
  • 自動車検査証返納証明交付申請書
  • 自動車検査証返納届出書

 

解体返納(永久抹消登録)を行う場合と同じく自動車検査証返納届のをする場合でも、上記の書類を揃えて軽自動車検査協会の窓口へ行きましょう。

 

その際、「手数料納付書」と「自動車検査証返納証明書交付申請書」、「自動車検査証返納届出書」を取得して手続きを行います。

解体届出をする場合

解体届出とは、一時的に公道を走ることが出来なくなっていた(自動車検査証返納届)をしていた軽自動車を、その後解体した際に必要な手続きのこと。解体届出をするために必要となる書類は以下の通りです。

 

  • 所有者の印鑑
  • 使用済み自動車引取証明書

 

以上の書類を揃え、軽自動車検査協会等の窓口にて「解体届出書」を取得して手続きを行います。

軽自動車の廃車にかかる費用は?

軽自動車を廃車にするために掛かる費用は大きく分けて3つ。「解体費」と「リサイクル料」、「陸送費」です。

 

まず、「解体費」とは、解体業者に車をスクラップにしてもらうために必要となる費用のこと。業者により料金は異なりますが、10000円ほどが相場となっています。

 

また、軽自動車の「リサイクル料」は8000~10000円。ただし、このリサイクル料に関しては、車を購入した際に支払っていれば支払う必要はない費用となっています。

 

さらに、廃車にしたい軽自動車を解体業者まで持ち込めるか、持ち込めないかで大きく金額が変動するのが「陸送費」です。車の陸送にはレッカー車など、専用の積載者を用いることがほとんどであるため、車を運ぶ距離や廃車にする軽自動車の状況により金額は変わってきます。

 

一般的な相場は、距離×720円にガソリン代や作業料といった諸経費が上乗せされます。そのため、自走できる車であれば自分で持ち込むことで陸送費を抑えることができます。

軽自動車の廃車を代行してもらった時に掛かる費用

軽自動車の廃車手続きは、もちろん自分一人で行うこともできますが代行してもらうことも可能できます。

 

代行してもらう候補としては、ディーラーや司法書士などが挙げられます。

代行の手数料としてディーラーに依頼すれば10000~20000円、司法書士に依頼した場合は2000~10000円ほどがかかります。

 

ただし、これは手続きの最後、軽自動車検査協会での手続きの代行費。車の陸送や解体のための手続きなど、全てを代行してもらおうとすれば料金はさらに増えてしまうことに注意が必要です。

重要!軽自動車の超手っ取り早く廃車にする方法

軽自動車を廃車にする場合でも、普通車を廃車にするのと変わらない量の書類が必要とされ、わざわざ軽自動車検査協会に行かないといけません。

 

そのような面倒な手続きをしたくない場合、廃車を専門としている業者に依頼するのがおススメ。

 

なぜなら、廃車の買取もしてくれるような業者であれば、費用がかかるどころか現金を貰える可能性も少なくないからです。

 

さらに、手続きの代行費や陸送費など、通常であれば費用がかかる部分を完全無料にしている業者も存在しています。

 

そういった業者に依頼することができれば、手間を掛けずに、おトクに軽自動車を廃車にすることができます。

まとめ 忙しい現代人が軽自動車を廃車にするならこれがベスト!

軽自動車は、日常の足として日本で最も売れているジャンルの車です。

その分、愛着が湧いているユーザーも多くいるでしょう。

 

しかし、愛着が湧いている車だからといって、廃車手続きの面倒くささは変わらないものです。廃車のために、費用が掛かるとなればなおさらでしょう。

 

なので、現在軽自動車を廃車にするのであれば廃車の買取業者を利用するのがベスト。

 

手続きを無料で代行してくれるうえ、費用がかかるどころか車を買取ってもらうことでプラスになることだってあるのです。

 

軽自動車の廃車を検討しているのであれば、廃車の買取業者に相談してみてはいかがでしょうか。

(軽自動車の廃車費用を無料にする方法については、こちらの記事を参考)