廃車なのに売れる(買ってもらえる)のはなぜ?

車を構成する素材に価格が付く

廃車が買い取って貰える理由を理解するためには、まず車に使われている素材に付いて知る必要があります。

 

現在一般的に流通している自動車は、鉄・アルミ・樹脂(プラスチック)という3大材料と呼ばれる素材を多く用いられて構成されています。

 

車体を構成するパーツは2~3万点ほどにもなりますが、その80%が鉄を材料としているのです。

 

つまり、自動車はほとんど鉄の塊と呼んでも過言ではありません。

廃車なのに売ることができる秘密はここにあります。

 

車を廃車にする理由として、年式が古くなったりメンテナンス不足による故障と、事故による故障が大きな割合を占めていると言われていますが、このような状況に陥った車はすでに中古車市場での価値はありません。

 

この段階で、自動車は「車」ではなく「素材」として見られることになります。

廃車の買取業者は、自動車ではなく鉄やアルミに値段を付けて買い取ってくれるのです。



自動車の重量はほとんどが鉄の重さ

また、自動車が誕生してから、車両重量は年々増加傾向にあります。

 

2015年時点で、全体平均重量は1,400kgにも迫る勢いで増えました。1980年代から逆算すると、約400kgほども重くなった計算になります。

 

そして、2020年2月時点での鉄スクラップ(鋼スクラップ)の価格は、関東地区で1トンあたり19,500~20,500円。

 

平均車両重量である1.4トンの鉄スクラップであれば、、3万円弱の価値があることになります。

中古部品が取引される

前述した通り、車は数多くのパーツで構成されています。

そのため、廃車でも使えるパーツと使えないパーツが出てきます。このパーツを中古部品として再び流通させることで、業者は利益を得ることができます。

 

また、日本国内では需要がない部品でも、海外に目を向ければ需要がある場合も。そのような部品は、海外へ輸出することで価値のある部品にすることができるのです。

廃車でも売れる方法とは?

動く車の場合

廃車は廃車でも年式がそこまで古くなかったり、自走できるような車である場合、自動車をスクラップにしてしまうのはあまり賢い方法とはいえません。

 

このような車は、まだ中古車市場でも価値がある可能性があるので、中古車として査定してくれる業者に売却するようにしましょう。

 

また、売却先は中古車販売店やディーラーといった候補があります。

ディーラーに売却する場合は下取りとなるので、すでに次の車の購入予定がある方であれば新車購入の資金にすることもできます。

動かない車(事故車など)の場合

事故車や水没車、故障車で、自走不可能な車を廃車にした場合、廃車の買取業者に買取を依頼するのがおトクな方法だといえます。

 

このような車は、中古車としての価値はなくなってしまっているため、中古車買取店に査定を依頼したとしても0査定が付いたり、そもそも査定を断られてしまうことも珍しくありません。

 

また、廃車の買取業者は自走できない車を運ぶための陸送費や、廃車に必要な手続きも無料で代行してくれるケースが多くあるため、手間もお金を掛けずに廃車を売却することができます。

廃車を売る時の買取相場はどのくらい?

売却するモデルやサイズにもよりますが、自動車を素材としてリサイクルのために売却する場合の買取り相場は平均して以下のようになっています。

 

軽自動車 3,000~10,000円
コンパクトカークラス 10,000~20,000円
普通乗用車クラス 20,000~25,000円
大型セダンや大型ミニバンクラス 30,000円以上

 

ただし、これは一例でしかありません。車の状況や前述した素材の価格変動により、買取価格は日々変動することになります。

廃車の買取価格は素材の売却価格と部品の売却価格の合計から、経費と利益を引いて算出されます。

 

そのため、今の買取価格が分からなければ、一度は査定を依頼したほうが賢明だと言えるでしょう。

高く買い取ってくれる廃車買取業者の選び方とオススメ業者

廃車の買取業者を価格で比べるのなら、複数の業者に一括査定を申し込むのがおススメの方法です。

 

価格だけで業者を決めるのは危険ですが、見積もり額を武器に交渉などに使える場合もあります。

 

また、おススメの業者の選び方として

 

・問い合わせに対してのレスポンスが早いこと

・買取実績が豊富であること

・陸送費や手続きの代行費を無料であること

・見積書などの関連書類が細かく丁寧に作られていること

 

を基準にしましょう。どれか一つでも欠けてしまっては、優良な業者とは言えません。

(廃車買取業車に高額査定してもらえる車の情報はこちらの記事を参考)

まとめ

廃車に手間を欠けずに売却したいのなら、中古車の買取も行っている廃車の買取業者に依頼するのがおススメです。

 

廃車の買取業者はレッカー代や手続きの代行を無料にしているところが多く、手出しがないまま廃車を売却した現金を受け取ることができます。

 

廃車の売却を検討しているのなら、とりあえず廃車の買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。