ディーラーで廃車の手続きをする方法

 

自分の愛車を廃車にするための依頼先はいくつか考えられます。

その中の一つであり、多くの方が思い浮かべるであろう業者がディーラーです。

 

ディーラーは、基本的に各メーカーの新・中古車の販売を主な業務としていますが、廃車も引き受けてくれます。

 

ディーラーに廃車を依頼する手続きは、まずディーラーに直接足を運んだり、電話にて廃車にしたい旨を伝えるなどして、連絡を取る必要があります。

懇意にしている営業マンがいるんであれば、その営業マンに個人的に連絡してもいいかもしれません。

 

申し込みが済んだのなら、次は廃車にしたい車をディーラーに引き渡さなければなりません。

自走できる車であれば直接ディーラーに、故障していて自走できない車であればレッカーでの引取りを依頼しましょう。

 

車の引き渡しと同時に、車を廃車にするために必要となる関係書類の提出をしなければなりません。必要書類は、廃車の内容により微妙に異なるため、ディーラーにて確認してもらうことで書類不備などがなくなるでしょう。

 

車の引き渡しが終わり、書類に不備が無ければ後はディーラーが全ての手続きを代行してくれるため、ユーザーは廃車完了の連絡を待つだけとなります。



ディーラーでの廃車した時の費用の相場

永久抹消登録の場合

一口に廃車といっても、内容に応じて2つの種類があります。まず1つ目が、車を完全に解体してしまう永久抹消登録

 

この場合、解体費・手続きの代行料・陸送費(自走可能なら発生しない)が掛かります。

特に、陸送費が費用の合計を大きく左右する部分となっており、車のサイズや運ぶ距離に応じて、かなりの差が出ます。

 

ディーラーに永久抹消登録を依頼した場合の一般的な相場は10,000~80,000円となっています。

一時抹消登録の場合

一時抹消登録とは、海外出張などで一時的に車を使わないような状況に陥った際に行う廃車の手続きです。

 

この手続きを受けた車は一時的に公道を走ることができなくなる代わりに、自動車税といった税金の支払いをストップすることができます。

 

一時抹消を行う場合は車を解体する必要がないため、掛かる費用は10,000~50,000円程度が相場となっているようです。

ディーラーで廃車するメリットとデメリット

ディーラーで廃車にするメリットとして、まず挙げられるのがディーラーは車に関することのプロである、ということでしょう。

 

同時に、各メーカーの看板として新車の販売を行っているため相応のサービスが期待できます。

一般的な業者に依頼した場合、見解の相違や契約内容によりトラブルになってしまう可能性も含んではいますが、ディーラーに限ってはその心配はほぼ必要ないといえます。

 

また、新車の購入経験や購入予定があるような、仲の良いディーラーであれば、条件や場合により無料で廃車を行ってくれることもあります

前述下通り、ディーラーは新車の販売を主な業務としているため、得意客を逃さないようにサービスの一環として廃車を引き受けてくれることもあるようです。

 

デメリットとしては、なんといっても廃車に掛かる費用の高さが挙げられます。

基本的にディーラーは自社の解体工場などは持っていないため、どうしても他の業者にそのような部分を委託しなければなりません。

 

結果として、中間マージンが発生してしまい、ユーザーへの支払い負担が大きくなってしまうことが大きなデメリットの一つです。

ディーラーで廃車するよりも安く廃車にする方法もある

説明した通り、ディーラーに廃車を依頼すると、金額的な負担が大きくなる傾向にあります。

 

もちろん、廃車の手続き関係以外のサービス面が気になる方や、そのディーラーでの新車の購入予定がある方にとってはおススメできる廃車の方法ではありますが

 

それ以外の方にはディーラーへの廃車依頼は、実はあまりお得とは言えない方法なのです。

 

そこで、余計な出費を抑えて廃車を行うのにおススメなのが、

 

廃車の買取業者に依頼するという方法です。

 

廃車の買取業者は現在、数多くひしめきあっており、様々なサービスを展開しています。

(廃車の買取では有名なカーネクストの実際の評判については、こちらの記事を参考)

ディーラーと廃車買取業者のメリット比較

では、ディーラーと廃車買取業者、2つの業者ではメリットにどのような差があるのでしょうか。

 

まずは気になる金額の部分。この部分は、どうしても廃車の買取業者に軍配が上がってしまいます。

 

ディーラーでは、基本的にどうしても費用が掛かってしまうのに比べ、廃車の買取業者では一切費用をかけることなく廃車にすることができます。

 

次にサービス面。サービスの質としては、やはり接客業であるディーラーが勝るケースがほとんどでしょう。

 

事故などで、急に廃車にしなければならない場合でも、ディーラーでは代車が用意されているため、日常の足には困りません。

 

ディーラーと廃車の買取業者、それぞれ基本的な営業形態が異なります。メリットを完全に把握することで、どちらの業者がお得なのか理解することができるのです。

まとめ

ディーラーに廃車を依頼するのは、メリットもデメリットも存在しています。

仲の良いディーラーがいたり、新車の購入を決めている方であればディーラーでの廃車はスムーズに気持ちよく行うことができ、廃車を下取りしてもらうことで購入金額の補填にすることができます。

 

逆に、そういった状況にはなく、事故車や故障車、必要なくなった車を廃車にしたいという方は廃車の買取業者に依頼するのがベスト。

 

自分がどのような状況にあるのか、しっかり把握することで、2つの業者を上手に使い分けることができるでしょう。