廃車にしても返金される還付金って?

 

車検期間が残っている車を廃車にしたのなら、最後に受けた車検の際に払っていた税金や保険金が返金されるケースがあります。

 

この戻ってくるお金のことを還付金といい、自動車重量税や自賠責保険が還付の対象となります。

 

自動車重量税や自賠責保険は車検を受ける際に、数年分をまとめて支払うことになります。

 

そのため、車検がまだ残っている車を廃車にすると、支払っていた税金や保険が必要なくなるために返金されるというシステムです。

車検の残り期間で返金額をさくっと計算

自動車税の返金額の計算

還付金がいくら返金されるかは、基本的に簡単な計算式で求めることができます。

 

自動車税の返金額 :

[税額] × [4月から起算して廃車した月] ÷ 12ヵ月。

 

つまり、車を廃車にした次の月から数えて翌3月になるまでの月割りで求めることができます。



自動車重量税の返金額の計算

自動車重量税の還付金額も、自動車税の還付金と同じく月割りとなります。

 

自動車重量税の返金額:

[税額] ÷ 24(もしくは36) × [廃車にした翌月から次回車検までの月数]

 

自動車重量税の還付は、申請した後1~2ヵ月経過して返金されます。指定の口座に振り込みされるので、忘れずにチェックしておきましょう。

自賠責保険の返金額の計算

自賠責保険の還付金も、計算で求めることができます。

 

自賠責保険額の返金額

[総額] ÷ 24(もしくは36) × [残りの契約期間]

 

残りの契約期間とは、保険の有効期間最終日から解約手続き完了日として計算され、保険解約日から期限まで1月以上残っていなければなりません。

各種還付金の受け取り方法について

自動車税の還付金を受け取る方法

自動車税の還付を受ける方法は簡単です。

基本的に受け取る方は何の申請も必要ありません。車検期間が残っている車を廃車にして、家に通知書が送られてくるのを待っているだけです。

 

これは、廃車の手続きをする陸運局と自動車税事務所がシステム上繋がっているため、廃車にした情報は自動的に税事務所に伝わるからです。

通知書が家に届いたら、最寄りの金融機関の窓口で手続きをすれば還付金の返金を受けることができます。

自動車重量税の還付金を受け取る方法

自動車重量税の還付を受けるには、自分で申請しないといけません。

返金方法自体は、受け取りにも振り込みにも対応しています。最寄りの金融機関か郵便局の窓口にて直接受け取ることができますが、もし代理人に受け取って貰いたい場合には委任状が必要になる点に注意が必要。

 

指定した金融機関の口座に振り込みをして貰うケースの方が、手間がかからないのでオススメの方法です。

しかし、一部のインターネットバンキングには対応していないこともあるので、事前に確認しておく必要があります。

自賠責保険の還付金を受け取る方法

自賠責保険の還付金を受け取るためには、廃車の手続きが完了した後に自分で保険会社に連絡する必要があります。

 

連絡すれば還付金の返金を受け取るために必要な書類が送られてくるので、保険の証明書や本人かどうか確認できる書類、廃車にしたことが証明できる書類を揃えて発送しましょう。

 

保険の加入に代理店を通していた場合、代理店にも連絡をしておけばスムーズに解約の手続きを進めることができるでしょう。

還付金だけでなく廃車する車自体も売ってお金にする方法

還付金の受け取り自体は、自分で申請することもできます。

 

しかし、還付金を受け取るだけではなく廃車にした車もお金に変える方法として、廃車の買取業者に依頼するという方法があります。

 

廃車の買取業者は、中古車としては価値がないようなボロボロの車でも価格保証を付けて買取ってくれるうえ、還付金の申請手続きなども無料で代行してくれます。

 

さらに、廃車の買取業者は土日対応の場合が多いので、平日は忙しい!という方でも申請忘れの心配なく、還付金を受け取りつつ廃車をお金に変えることができるでしょう。

(廃車の買取業者に頼むとトラブルが心配という方は、こちらの記事を参照)

まとめ

車検期間の残りがある車を廃車にするのであれば、廃車の買取業者に依頼するのがベストな方法です。

 

廃車の買取業車へ頼むと、還付金を受け取るための手続きはもちろん、廃車に必要な手続きも含めて全て無料で代行してくれるだけではなく、レッカーに必要な陸送費も無料となります。

 

どのような状態の車でもきっちり買取をしてくれます。還付金も廃車を売ったお金も、手間無くまとめて満額受け取るのなら廃車の買取業者に依頼することをおススメします。

(廃車の買取業者への依頼の流れは、こちらの記事を参照下さい)