廃車にする時に忘れがちな税金の払い戻し申請

 

自動車を廃車にする時に、結構忘れがちなのが「税金の払い戻し」です。

 

というのも、払い戻される税金は基本2種類かあるからなんですね。

そして税金の払い戻し手続きは、廃車手続きとは別途申請手続きを行う必要がある場合もあります。

 

知らずに申請手続きを忘れて損をしないように、事前に払い戻しのある税金をチェックしておきましょう!

廃車にしたら払い戻される税金には何がある?

1.自動車税

車を廃車にしたことによって払い戻しがある税金として、まず自動車税が挙げられます。

自動車税は、毎年4月1日に車検証に記載されている車の持ち主に課せられる税金です。

 

また、自動車税の払い戻しは、廃車の手続きを行った場合のみに限られており、車を中古車買取店などに売却しても払い戻しを受けることはできません。

2.自動車重量税

自動車重量税とは、新車として購入した時か車検を受ける際に、車本体の総重量に応じて定められた額を支払わなくてはならない税金です。

 

自動車重量税の払い戻しを受けるためには、特別な手続きが必要ではない自動車税とは違い、払い戻しを受けるための申請をしなければなりません。



 

また、廃車にした車が軽自動車の場合であっても払い戻しを受けることができるので、乗っていた車を廃車にしたら必ず申請を出すようにしましょう。

(税金以外にも自賠責保険の返金を受けることもお忘れなく!詳しくはこちらの記事で)

廃車のタイミングで払い戻しの税金も変わる

廃車にしたら払い戻しを受けられる自動車税と自動車重量税の額は、廃車にしたタイミングにより払い戻し額が異なってきます。

なぜなら、基本的に両方とも払い戻しの額が月割りでの計算になるから。

 

まず、自動車税は、廃車の手続きが終わった翌月から数えて次の3月までの月数により払い戻しの額が決まります。(自動車税の払い戻しの詳しい情報は、こちらの記事を参照)

 

また、自動車重量税は、「納付された自動車重量税額 × 車検残存期間 ÷ 車検有効期間」により払い戻しの額が算出されることになります。(重量税の払い戻しの詳しい情報は、こちらの記事を参照)

 

そのため、廃車を検討しているのならば早めに手続きをしてしまうことをおススメします。

廃車の手続きが遅れれば遅れるほど、税金の払い戻し額は1月ごとに減ってしまいます。

税金の払い戻しの手続き方法と期限

まず、自動車税の払い戻しを受けるために、車を廃車にしたユーザーがなにか特別な手続きをしなければならないということはありません。

 

基本的には待っていれば問題はなく、廃車の手続き終了後から1~3ヵ月程で払い戻しを受けることができます。

 

払い戻しの方法は、各都道府県毎にことなりますが、一般的ななのは送金通知書が送付されてくるケースです。

送金通知書が届いたら、金融機関や郵便局の窓口に提出することで現金化することができますが、送金通知書の発行から1年以内で期限が切れてしまうので、送金通知書が届いたら早めに手続きを行うようにしましょう。

 

また、自動車重量税は廃車の手続きと同時に行わなくてはなりません。うっかり申請をわすれてしまった、なんてことにならないように気を付けましょう

税金の払い戻し手続きの注意点

自動車税の払い戻しを受けるための条件として、まず廃車にした車が乗用車でなくてはなりません

軽自動車やトラック等を廃車にしたとしても、自動車税の払い戻しはありません。

 

また、住民税や事業税といった地方税を滞納している場合にも、自動車税の払い戻しはありません。

払い戻しの額が滞納分を超えている場合はその分が払い戻されますが、満額での払い戻しを希望するのなら、前もって地方税をしっかり支払っておかなくてはいけません。

(税金をうっかり払い忘れてしまった時の対処方法は、こちらの記事を参照)

 

さらに、3月末の陸運局は驚くほど混みあっています。

そのため、業者の繁忙期に廃車を依頼したとしても月をまたいでしまう可能性があります。廃車の依頼は、早めに済ませておくようにしましょう。

 

そして、自動車重量税の払い戻しを受ける際の注意点として、車体のローンが残っている場合はユーザーに払い戻しはされません。

ローンが残っている場合、車の持ち主はローン会社になっているからです。

 

そのような場合、ローンの残債を全て支払わなければ自動車重量税の払い戻しを受けることができないので、車の持ち主が今誰なのかしっかり把握しておきましょう。

税金の払い戻し手続きを代行してもらう方法と費用相場

税金の払い戻し手続きは、基本的にディーラーや中古車買取店では代行してくれません。

自分でも申請は行うことができますが、代行してもらうのなら行政書士に依頼することになります。

 

行政書士に代行依頼した場合の費用相場は、6,000~8,000円ほど。決して安くはない値段なので、お財布と相談して決めましょう。

まとめ

税金の払い戻しを受けるためには、まず車を廃車にしなければなりません。その廃車の手続き自体も時間と費用が掛かります。

 

そのため、おすすめなのが廃車の買取業者に依頼するという方法

 

廃車関係の手続きは全て無料で代行してくれる他、税金の払い戻しに関してもお金は掛かりません。

 

陸運局に足を運ぶ面倒さや、掛かる料金を考えれば廃車の買取業者を選ぶのがお得に払い戻しを受けられる最善の方法ではないでしょうか!