車を中古車で売るか?廃車にするか?その判断基準とは?

車を中古車として売るか、廃車にして買取って貰う、判断基準はどこになるのでしょうか。

現在乗っている車が古くなってきたり、故障が目立つようになってきた場合、

 

完全に廃車にしてしまうか?

それとも中古車として買取ってもらった方がいいのか?

 

判断する基準が分からなければ損をしてしまうことになります。

今回は、廃車の買取か中古車として売るか、判断するための基準について解説します。

まずは中古車として査定依頼を出すのがおススメ

古い車や故障が目立つような車でも自分で判断が付かない場合、一度は中古車として買取って貰うために査定を依頼するのがおススメ。

 

車を処分する方法については、幾通りか方法があります。

 

まずは、車の買取業者に中古車として買取って貰う方法

次に廃車の買取業者に廃車にしたうえで買取をしてもらう方法、



そしてディーラーに次の新車の購入資金に当てるため下取りして貰う方法、

最後が自分自身で廃車にする方法です。

 

冒頭で中古車として買取って貰う方法が一番おススメとお伝えした理由は、この方法が最も高額査定になる可能性が高いからです。

 

例えば、既に動かない車であれば素人目に見ても中古車としての価値がないことが判断できますが、そうでなければ中古車としての価値がある可能性は十分にあります。

廃車にする判断は最後の手段

結論からいえば、廃車にするのはメリットは多くありません。

 

自分で廃車の手続きを全て行った場合、自動車税の還付などは受けられるとしても、すぐ手元に入ってくるお金はありませんし、もしその車が中古車として価値があった場合、大きな損をしてしまうことになります。

 

そもそも、廃車にするためには書類を集めたり、車を解体業者に持ち込んだり、陸運局に足を運んで手続きを行わなければならず、手間も時間もかかってしまいます。

 

以上のことから、よほどのことがない限り、車をただ廃車にしてしまうのはもったいないことだといえます。

 

そのため、すぐ廃車の判断をするのではなく、とりあえず中古車として買取をしてもらうための査定を依頼するようにしましょう。

 

中古車として査定依頼を出し、そこで中古車市場では価値がなかったり、買取ることができないといわれた場合に、ようやくそこで廃車の判断をすることをおススメします。

中古車として買取できても損をする場合もある

一方、中古車として買取してもらっても損をする場合もあります。

 

それは、税金と保険の還付額が買取金額を上回るケース。この状況は、それほど多くは発生しませんが、それでも車を売る側としては気を付けていなければなりません。

 

自動車税と自動車重量税、および自賠責保険の還付金は車の名義を抹消、つまり廃車にした後に受け取ることができます。

 

これらの還付額は、基本的に月割りでの計算となるため、廃車の手続きを行った時期によっては満額受け取ることも可能です。ここがポイントであり、中古車として車を売って損をしないための注意点なのです。

 

まず、中古車として車を売却した場合、手続きは廃車ではなく名義変更となります。そのため、還付金は受け取ることができません。

 

例えば、車検と自賠責保険が1年残っている排気量2001~2500ccの普通車を6月に廃車にした場合、自動車税の還付金額は33,700円。重量税の還付は20,000円、自賠責保険の還付額は9,840円です。合計すると63,540円となります。

 

つまり、例に挙げたような状態の車を中古車として売却した場合、買取金額が各種還付金額の合計を越えなければ、実質損をしているということになります。

 

廃車か中古車としての買取か、このような判断基準もあることも覚えておきましょう。

最終的な判断を付けるために

では、どのようにして中古車としての買取か、廃車にするのか判断をすればいいのでしょういか。

 

それは、たった一つの方法しかありません。

中古車としての査定と廃車買取の査定、同時に依頼を出すことです。

 

中古車としての相場や、廃車の買取実績自体は業者のホームページや口コミでいくらでも調べることができますが、実際今の買取価格がいくらになるのかは実際に査定をしてもらうしか知る方法がありません。

 

それすらも面倒に思われるならば、中古車・廃車どちらの買取も行っている業者に絞って査定を依頼する方法が時間を節約できます。

(廃車の買取も中古車の買取も行う業者でオススメはこちらの記事を参考)

 

いずれにせよ、中古車として売るか、廃車として売るかの判断は素人には難しいもの。

 

査定のプロにお願いした上で、金額を見て判断するのが処分方法を判断するベストな方法だといえるでしょう。