動かない車を廃車にするのに費用はいくら?

 

動かない車を買取してもらう時の引き取り廃車費用や、売却のコツについて解説します。

 

処分したくても、どうやって処分すればいいのか分からずに困ってしまうことが多いのが、自力では動かすことができなくなっている不動車です。

 

引き取りに掛かる費用のことを考えて、処分をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、動かない車の引き取りの方法や掛かる料金、費用を抑えるコツについてご紹介します。

不動車を買い取ってもらう方法は?

不動車を買い取って貰う場合、どのような業者でもいいわけではありません。

 

例え、同じモデルを買い取って貰ったとしても、査定額やその他の条件は確実に異なるからです。

 



さらに、業者によっては展開しているキャンペーン内容もまちまちであるため、動かない車を売却した際には、なるべくメリットが大きくなるような業者選びを心がけましょう。

動かない車を専門に買取してくれる業者

動かない車を買い取りしてもらうのであれば、

そのような状態の車を専門に扱っている業者を選ぶのが間違いなくおススメです。

 

不動車専門の業者なら車の年式や故障の程度に関わらず買い取りをしてくれることがほとんどであり、査定額にも保証を付けてくれる場合が多くあります。

 

動かない車の買い取りについて実績が豊富な業者であればあるほど、中古車としては価値がないと判断されてしまうような車でも、それなりの査定額を提示してくれる可能性が高いといえます。

 

また、このような業者は、同時に廃車の手続きを代行してくれることが多いので、動かない車を完全に処分してしまいたい場合には、廃車の手続きも一緒に依頼することで手間が省けます。

車の解体を行っている業者

動かなくなってしまった車を専門の業者に売却するのではなく、最初から解体業者に引き取ってもらう方法もあります。

 

自社で車を解体するための工場を運営しているような業者であれば、車の引き取りから解体までをスムーズに行うことができるため、その後自分で廃車の手続きを行おうと思っている人には、十分選択肢に入る方法の一つです。

 

ただし、基本的に動かない車を売却しない場合には、車を工場まで運ぶためのレッカー代等、各種経費が発生する可能性があるため、こちらの方法を選ぶ場合には目星を付けた解体業者に費用等を事前に確認しておくことをおススメします。

不動車の引き取りに掛かる費用は?

一般的に、不動車の引き取りに掛かるレッカー代は、その車のサイズが大きくなればなるほど、レッカー車に乗せる作業量が増えれば増えるほど、運ぶ距離が遠くなればなるほど高額になっていきます。

 

不動車を引き取って貰う場合、一般的な基本料金の相場は8,000~15,000円ほどとなっています。

 

これに、レッカーの走行距離に応じて5000円~が上乗せされ、レッカーへの積み込みに特殊な作業が必要ならば、作業時間1時間あたり2,000円ほどが掛かります。

 

また、時間帯や天候にも料金は左右される他、不動車が保管されている場所によっても変わってきます。

 

別途料金が掛かるような内容については、各業者ともホームページなどに記載している場合がほとんどなので、レッカーを頼む前に自分で一度計算してみてもいいかもしれません。

(陸送費用の相場や陸送の依頼でトラブルを避ける方法はこちらの記事を参照下さい)

不動車の引き取り費用を抑えるコツ

一口に動かない車、不動車とっても単純に車検が切れているだけで、エンジン等に問題がない場合もあります。

 

そのような車の場合は、仮ナンバーを取得することで引き取りのための陸送費を抑えることができます。仮ナンバーを取得し、有効期限の期間内に業者に自分で持ち込むことで、陸送費は掛かりません。

 

逆にエンジンが水没していたり、車の機能上問題があって動かない車の場合は、最初から廃車にする前提で廃車の買い取り業者に依頼するのがベストです。

 

廃車の買い取り業者は、故障して動かない車の引き取りも無料で行ってくれる場合がほとんどで、さらに車を買い取って貰うことでオトクに廃車として処分することができます。

(廃車買取のオススメ業者はこちらの記事を参照下さい)